お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


二の腕を細くする方法

二の腕を細くしたい



やはりキレイなラインの二の腕って憧れです。
若い時は気にもならなかったのですけど、30代とか40代になってくると、
タプっとした二の腕が気になってきます。

気軽に人前に腕を出せなくなったという人も多いと思いのではないでしょうか。
冬なら長袖を着るのでごまかすこともできるでしょう。

さすがに夏場になるとそうもいかないですよね。
半袖やノースリーブで腕を出して、腕を上げた時にスッキリと二の腕が見えるにしたいですよね。
部分痩せは、結構難しいから本当は全体的に痩せていくのが一番なのですけど、
集中的に二の腕を鍛えれば、脂肪が落ちやすくなりますよ。

二の腕痩せ用のエクササイズや、二の腕を鍛えるグッズもありますから利用していくと良いでしょう。、
腕はいつも使っているから鍛えやすいですが、太ってきたとか、加齢の影響でたるみやすくなります。
そのたるみを解消していくためには、二の腕のたるんでいる部分を中心に、毎日数分づつでも継続して鍛えていくようにします。

少しずつそして毎日行うことが大事ですよ。
何ヵ月かたって気がついたらスッキリとした二の腕になっていることでしょう。


二の腕痩せ


テンドロップ クールクラッシュジュレ 2個セット(抑毛+部分痩せスリミングダイエットジェル)洗い流し不要

二の腕ってどうして痩せにくいのでしょう。
どの部分のダイエットでもそうですが、太りやすい部分は、痩せにくい部分でもあるということです。

二の腕は、痩せにくいし、
夏になると、とっても目に付きやすくなります
ですからすごく気になる部分ですよね。
「さよなら、バイバイ」をすると、振袖みたいにブルブルとする二の腕はどうにかしたいものです。
どうにか痩せるには、ダイエットグッズ等で根気よく続けないとダメです。
しかし二の腕は、そこまでしないと痩せないのでしょうか。

結論を先にいってしまえば
二の腕は脂肪が付きやすいど、筋肉は鍛えにくい部分です

ということで、腕の筋肉を意識的に鍛えないと、なかなか痩せないということです。
だからといって、二の腕の筋肉をガンガン鍛えればいいというわけには行かないのです

ちょっとガッツポーズをして、二の腕を触ってみて下さい。
筋肉が腕の上側にあり、気になるタプタプした部分にそんなに無い事が分かるでしょう。
つまり、二の腕の筋肉をただ鍛えていっても
上側(腕の外側)の筋肉だけが鍛えられてしまいます。
肝心の下側(腕の内側)はそのままで、ムキムキ腕になってしまうのです。

このように、腕の仕組みから考えても、二の腕痩せは難しいということです。
二の腕が痩せにくい仕組みを知れば、
ダイエットも単に鍛えるだけではダメで、別な方法も取り入れていかなくてはいけないとわかるでしょう。

時間はかかるかもしれません
でもグッズ等を使ってコツコツとやっていってみましょうね。


二の腕 細くする方法


あなたも、綺麗なラインの二の腕って憧れるでしょう。
若い時は気にならなかったの、30代とか40代になってくると
タプっとした二の腕が気になってきます。

そして堂々と腕を出せなくなったとう人も多いかと思います。
夏場になると、長袖でごまかすこともできなくなってしまいます。

半袖やノースリーブで腕を上げた時にスッキリと二の腕が見えるようにしたいですよね。
ですから、長袖の時期からエクササイズをしたりグッズを使ったりして二の腕痩せをしてみましょう。

分痩せは結構難しいです。
ですから本当は全体的に痩せていくのが良いのです。
集中的に二の腕を鍛える事で脂肪が落ちやすくなります。
二の腕痩せ用のエクササイズや、二の腕を鍛える為のグッズがあるので、
利用していくと良いでしょう。

腕の筋肉は、縮める時に使う上腕二頭筋と、伸ばす時に使う上腕三頭筋があります。
腕はいつも使っているので、鍛えやすいですけど、
太ってきたり加齢によってたるみやすくもまります。

そのたるみを解消していくために二の腕のたるんでいる部分を中心に、
毎日数分の実行でも継続して鍛えていくのが一番です。
気合いをいれて、長時間やろうと思っても続きません
ですから少しずつ毎日やるようにしましょうね。

少しずつでも毎日やれば数ヶ月後にはスッキリした二の腕になていることでしょう。


二の腕を細くする方法 ダンベル



「二の腕痩せ」に効果的なグッズとしてよく知られているのが「ダンベル」でしょう。
二の腕痩せの何かグッズを探しているのでしたら、まずはタンベルからやってみてはどうでしょうか。
ダンベルにも種類があって、金属のタンベル、プラスチックに重りが付いている物、重さが調節できるタイプとかいろいろです。

スポーツショップやホームセンター等にあるので手に入りやすいです。
でもわざわざ買わなくても、500mlのペットボトルでもOKです。
中に入れる水の量で重さを調節しできるし、便利です。

でも早く効果を出したくて、いきなり重いダンベルを用意するのは、ダメですよ。
手首を痛めてしまうこともありますから

最初は適度に、そして徐々に重くしていきましょうね。

【タンベルのやり方】
・先ずはダンベルを握って顔の前に持って来てみて下さい。
 これだけでも結構重く、二の腕に効いているのが感じられるでしょう。

・この状態からエクササイズのスタートです

・ダンベルごと腕を真っ直ぐ上に伸ばします。

そしてタンベルを握ったまま腕を頭の後ろ側に曲げてダンベルを下げます。
(頭の後ろ側にタンベルがきます)

下げたら、また頭の上に伸ばしてを繰り返します。
(二の腕に負荷がかかって引き締められていきます)

このエクササイズは方手ずつ行いましょうね。
ダンベルを使った二の腕痩せエクササイズは全身痩せにはあまり関係しないでしょうけど
二の腕のタプタプは少しずつ引き締まってくるでしょう。

行う時にはダンベルを落とさないよに、気を付けてくださいね。


二の腕を細くする方法 エクササイズ


二の腕痩せに効果的な簡単エクササイズです。

・先ずは真っ直ぐ立ちます。
 足元は爪先を揃えて、あごを軽く引いて目線は真っ直ぐ前です。

・下腹に力を軽く入れて背中側で腕を組みます
(この時、腕は組みやすい状態になっているでしょうから、腕の上下を入れ換えて組みにくい形で腕を組み直しましょう)

・エクササイズのスタートです。

・先ずは手を組んだままで手のひらを上に向けます。

・そのまま顔は真正面を向いたまま腕を伸ばして頭の上にあげて、手の平同士を合わせた状態で10秒程ストップしてください。

・終わったら先程の背中で腕組みの姿勢に戻しましょう。

・次に手の平を外側に向けて開いてください。

・そのまま手の平を外側に向けたままゆっくりと腕を頭の上にあげていきます。

・手の甲同士を頭の上でくっつけた状態で30秒程ストップしてください。

・終わったら、腕を上げたまま肘を曲げてください。

・肘は出来るだけ上に向ける様にしましょう。

・この状態で30秒程ストップしてください。

このエクササイズなら簡単に、特別なグッズも必要なくて
二の腕痩せエクササイズが出来てしまいます。

1回あたり2〜3分ですから、毎日気が付いた時にやってみましょう。


二の腕 ダイエット



二の腕痩せには身体全身のダイエットが効果的です。
ダイエットで部分的に痩せるのでは難しいので、全身のダイエットをするれば効果的に痩せていくのではないかと思います。

ただし闇雲にダイエットに励むのということではなく、
二の腕なら上腕三頭筋を鍛えるよように、引き締めたい筋肉を意識しながら行っていきましょう。
引き締めていくには、筋肉を鍛えつつ脂肪を燃焼させことです。

二の腕は脂肪が付きやすいので脂肪燃焼は必要ですよ。
筋肉を鍛えながら脂肪燃焼もして身体のラインを整えていくにはタンパク質が必要です。
タンパク質の摂取が少ないと効果も半減です。

そういうことで、食事量を極端に抑えたダイエットは成功しにくいのです。
バランスよく食べて、しかも過ぎない量で食事をしましょう。
適度な運動をし、生活リズムも整えていけば、身体に負担がかからず健康的に痩せていくことができるでしょう。
二の腕痩せをしたいのだから全身痩せまで気が回らないと言う人は
先ず二の腕痩せをする事から始めてみましょう。

そして少しでもスッキリの腕になってくれば、効果的にスッキリとさせたいと思うようになります。

そうなれば、全身痩せの方を自然と考えるようになってくると思うでしょう。

関連コンテンツ

足痩せ

脚やせは姿勢に注意しましょう 足痩せで注意してほしいことです。 足痩せグッズやマッサージなどの方法で一生懸命にダイエットしても 基本的なことができないと、きちんとした効果は期待できませんよ・・・

ダイエット方法

痩せたい部位別の選び方 痩せたい部分にあう最適なダイエット器具があります。 ●お腹やウエストが痩せたい人におすすめ 男性は腹筋強化で、女性はぽっこり下腹を引っ込ま・・・

インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルとは インナーマッスルは、英語で“inner muscle”、日本語で“内部の筋肉”という意味です。 つまり、身体の奥にある筋肉群を指しています。 インナーマッスルの役目は、・・・