お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


足痩せ

脚やせは姿勢に注意しましょう



足痩せで注意してほしいことです。
足痩せグッズやマッサージなどの方法で一生懸命にダイエットしても
基本的なことができないと、きちんとした効果は期待できませんよ

その基本的なことというのは【姿勢】です。

姿勢は足痩せだとは限らず、ダイエット全般に大きな影響があります。

例えば、猫背の人なのですけど、
猫背だと腹筋が発達しないし、内臓が下がるのでどんな方法を試しても足痩せできないでしょう。
正しい姿勢について、いくつかポイントがあります。
これを参考に、自分の姿勢を見直してみましょう。
足痩せにも大きな効果を発揮すると思います。

・立つ姿勢は、両足を肩幅程度に開いて立つ
・頭から首にかけてまっすぐになっているようにする
・あごを軽くひいて背筋を伸ばし、胸を張りお腹を引っ込める
・肩の高さが左右同じになるように意識する
・両膝をくっつけて、お尻を少し上にあげるようなイメージで立ちます。

最初この姿勢を練習するときは、背を壁につけてするといいですよ。

・座る姿勢は背筋を伸ばし、お腹を引っ込めます。
・目線は少し上向きにします。

背筋を伸ばすことで、自然に腹筋を鍛えることができます。
ですから下半身痩せに効果があるのです。

体の片側どちらかに重心が偏るとか、猫背になっていると筋肉のバランスも悪くなります。
その影響で脂肪の燃焼効果も悪くなります。
これだけ意識して姿勢をきれいにしていれば、足痩せ効果もあるし、体の歪みも治ります
見た目にも美しくダイエットできますね。


足痩せ


足の太さを気にしている女性は多のではないでしょうか。

【足が太くなる原因】は足のむくみや脂肪太り、筋肉によるものなどいろいろです。
極端な話、歩くだけでも足は太くなりますよ

足痩せの方法を調べたりしている人は、一度は試したこともあるでしょう
家庭で簡単に自分で出来るダイエット方法もあるしエステなどに行って足痩せする方法まで実にいろいろです。
【足痩せには日常生活も大切です】
●食生活を意識して、適度な運動がポイントになります。

・食生活は薄味にしましょう
 薄味の生活になれば、体に余分な水分がたまらないようになるので水分代謝が改善されます
・積極的に野菜を食べましょう。
 食事ごとに1品は食べましょう、無理の時は野菜ジュースにします。
・酢のものを食べるようにしましょう。
 エネルギー代謝がよくなります
・足痩せの運動は、体にあまり負荷のかからない程度にします。
 ストレッチ程度の運動で、ゆっくりと動かして太ももの筋力アップをはかります。
・つま先立ちやかかと立ちなどを日頃から行えば、ふくらはぎの引き締めに効果的です。
・エレベーターやエスカレーターをやめて階段にするだけでも効果はあります。


足痩せ 短期間



脚やせを短期間でやってしまいたいと思っている人は多いでしょう

足痩せにかかる期間というのは、足の太くなっている原因によって違います。

【足がむくんでいる場合】
足痩せソックスを履けば、足痩せできます。
効果は、短期間(1日程度)ですぐに現れてきます。
※ただし塩分の摂りすぎや栄養バランスが原因の場合は、食生活を見直すことから始めなければいけませんから、短期間では無理です。

【脂肪が多くて足が太っている場合】
運動や食生活を改善することで、体全体のダイエットをすることです。
この場合は、最低でも2ヶ月から3ヶ月はがんばらないと効果は実感できないでしょう。

【筋肉がつきすぎて足が太っている場合】
筋肉で足が硬くなってしまっています
足の中に溜まった老廃物を柔らかくしなくていけません。
ですから早くて2ヶ月長くて半年くらいかかるでしょう。

【体の歪みが原因で足が太くなっている場合】
まずは歪みを改善していかなければいけません。
姿勢を治すとか、O脚を治すということをしていきます
短期集中でがんばってケアすれば2週間くらいで変化がでてくるでしょう。
でもそれでやめてはいけません。
体に正しい姿勢、足の形を定着させるには1年くらいかかります。

【半身浴とマッサージで足痩せを目指した場合】
1ヶ月くらいで効果は出てくると思います
でも足が細く見えるまでには、「太ももは3ヶ月くらい」「ふくらはぎは1年くらい」かかるのではないでしょうか。


足痩せダイエット


脚やせ即効プログラム~7日間で太もも-3cmをめざせ! [DVD]

ダイエットは、体の上から下にかけて痩せていく場合が多いです。
どうしてかというと、体の脂肪が上から下に落ちるとからです。
つまり顔から最初に痩せて足は最後になるということです
ですから足痩せしたくても、すぐに効果はみられないということになります。
下半身にはセルライトがあって、ダイエットを始めても簡単に落とすことのできない脂肪がついています。
ですから足痩せや下半身痩せを成功させるのは結構難しいのです。
下半身痩せ、足痩せに大切なことはストレスをためないということもあります。
ストレスの影響で、血管が収縮し体に血液がうまく流れなくなります。
流れが悪くなると体の中に老廃物がたまり、その結果下半身太りになってしまいます。
それから足のむくみも大敵ですよ。
むくんだ状態の足をそのまま放置するとセルライトがたまって皮膚の表面がデコボコしてきます。
セルライトができると足を痩せることは大変です。
セルライトを作らないように足のむくみを解消しておくようにしましょう。
むくみ解消法としては、マッサージです。
血液などがうまく流れないと、足にむくみがでます。
足に水分がたまりやすいので足痩せするどころか足がむくんで膨らんでしまいます。
足痩せはダイエットの中でも一番難しいのです。
これを理解した上で長期的にやっていく必要があるでしょう。


足痩せ エクササイズ


【ふくらはぎのエクササイズ】
ふくらはぎ痩せには、あるていど脚に筋肉をつけて刺激し、リンパや血液を流れやすくします。
そうすれば、ふくらはぎをすっきりと見せることができますよ。


●普段できる方法は、踵(かかと)を上げ下げする方法があります

踵(かかと)を上げ下げするとふくらはぎの筋肉を動かすことができます
これが足痩せに効果のある運動になります。
 ・階段とかちょっとした段差を利用して、つま先を上段にかけて、踵をゆっくりと下ろしていきます
  ふくらはぎ、アキレス腱の伸びを意識できたらその状態で10秒止めます。
 ・今度は逆につま先立ちになるようにして10秒止まります。

これを20回くらいやって、できれば1日に3セットできると効果がでるでしょう。


●椅子に座って行う方法

 椅子に深めに腰掛けて片方の足を前に伸ばします。
 足首を外側へひねった状態で10秒止めます。
 これを片足ずつ交互に5回行います
ふくらはぎには筋肉がつきやすいです。
やりすぎると筋肉がついてしまって逆効果です、やりすぎないようにします。

いつもより多少大股に歩くだけでも、ふくらはぎの筋肉を刺激できるので足痩せに効果があります。
少し早歩きにするともっと効果が上がります。
ふくらはぎの筋肉を意識して動かすことで足痩せすることができますよ。

【太もものエクササイズ】
足痩せの中でも太もも痩せが一番難しいでしょう。
根気よくエクササイズを続けていけば足の血行をよくして足痩せすることができます。
効果が実感できなくても毎日続けていくことが大切です。

●太もも痩せのエクササイズの基本的な方法

腰に両手を添えて両足を揃えた状態で立ちます
 ・そのまま腰を深く下げていき片足を大きく前に踏み出してください。
 ・踏み出した前足を元の位置に瞬時に戻してください。
 ・これを片足10回ずつ行ってください。

壁に向かい合わせで立って、手のひらを壁につけて肘を伸ばします。
 ・このとき踵をつけて立ちます。
 ・片足を後ろにあげます。
 ・太ももの後ろの筋肉を持ちあげるような感じで上げていきます。
 ・片足を10回ずつ交互にやります。

脂肪を燃焼させて太ももを痩せさせる効果のあるエクササイズ
 ・スクワットをします。
 ・太ももとお尻の筋肉が鍛えられるため引き締め効果が高いです。
 ・スクワットするときは、背筋を曲げず膝は軽く曲げるようにします。
 ・肩幅より広く足を開いてつま先を少し外側へ開いた状態で行います。
 ・スクワットは息を吐きながらお尻を後ろへ引くようにして腰を落とします。
 ・腰を上げるとき息を吸いながら行いましょう

これらの方法は慣れるまで回数を気にせずできる範囲でやればいいでしょう。


足痩せ 靴下


足のむくみで、足が太くなってしまっている人におすすめが「足痩せソックス」を使う方法です。

 ・足痩せソックスを履くと適度な圧力がふくらはぎにかかるため足痩せできるのです。
 ・足に圧力をかけて、足の血液の流れが悪くならないようにして代謝を促進させます
 ・ハイソックスやレギンスやタイツなどのタイプがいろいろとあります。
 ・足首から太ももに向かって圧力を少しずつ弱くなるように調整されています。

履くだけで簡単に足痩せできるので気軽に試すことができますよ
足痩せソックスの人気商品を紹介しますので参考にしてくださいね。

【メディキュット】
履くだけで血液やリンパの流れをよくして足を引き締めて美しい足にしてくれます。


【スリムウォーク】
足の血行をよくしてむくみや疲れをとってくれるサポート構造になっています。
こちらも外出用と家用と就寝用のタイプがあります。


【着圧トレンカ】
8時間履くと美脚になるという足痩せソックスです。


【足指セラピー】
一日歩いた足の指をしっかりと開くことで気持ち良く疲れをとってリラックスできます。



このようなグッズを足痩せの有効な方法としてうまく活用してみてくださいね♪


関連コンテンツ

二の腕を細くする方法

二の腕を細くしたい やはりキレイなラインの二の腕って憧れです。 若い時は気にもならなかったのですけど、30代とか40代になってくると、 タプっとした二の腕が気になってきます。 気軽に・・・

ダイエット方法

痩せたい部位別の選び方 痩せたい部分にあう最適なダイエット器具があります。 ●お腹やウエストが痩せたい人におすすめ 男性は腹筋強化で、女性はぽっこり下腹を引っ込ま・・・

インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルとは インナーマッスルは、英語で“inner muscle”、日本語で“内部の筋肉”という意味です。 つまり、身体の奥にある筋肉群を指しています。 インナーマッスルの役目は、・・・