お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


臨床心理士

臨床心理士の役割



一般の人でも、臨床心理士の仕事内容は漠然とはわかるかと思います。
でも臨床心理士になりたいのでしたら、役割について十分わかっている必要があります。

一番ポピュラーな役割としてカウンセラーがあります。
学校や職場、医療機関などでは、相談窓口の専門家として臨床心理士が配置されている場合が多いです。

カウンセラーは臨床心理士の役割の一つです
でも、カウンセリングによって臨床心理士が何か解決策を提供するわけではありません。
多くの人は、自分の思いを聞いてもらうと、気が楽になり悩みが解決した気分になります。
こんな場合であれば、本人の気持ちの問題で解決できたということになります。

しかし、多くの問題は本人だけでは解決できません。

学校、家庭、会社、地域社会など周りの人の協力が不可欠な問題も多いのです
臨床心理士は、それらの人たちに働きかけて、必要な対応をお願いするような役割もあります。
このような活動は、臨床心理士の資格があれば、信頼してもらいやすいということがあります。

また、問題解決の活動ばかりではなく、臨床心理士のやるべきことはたくさんあるのです。



臨床心理士とは



臨床心理士とは、臨床心理学を学び、精神疾患や心身症の患者なども含めた、社会生活にうまく適応できない人への援助や予防を行うための専門職です。
その活動範囲は職場や学校、病院など幅広いです。
しかし、日本では心理学を専門とする国家試験はなく、臨床心理士は民間の団体による資格となります。

その他にも臨床心理士に似たような資格はたくさんありますけど、それらは別物です。
一番ポピュラーな臨床心理士ですが、難易度はかなり高く全国のスクールカウンセラーの資格要件として文部省が規定しているのも臨床心理士です。

国境なき医師団においてメディカルスタッフの条件にもなってます
いわゆるカウンセリングをする人たちの採用条件に臨床心理士があるいうことが多いということですよね

ですから、臨床心理学を学ぶ学校も充実してきて
それだけに特化した臨床心理専門職大学院が開設されています。
臨床心理士資格認定協会の指定する、臨床心理士指定大学院を専攻することによって、修士号を与えることになっています。

また、資格を取得するための要件として、試験があります。
試験には一次と二次があって、この2つの試験は同じ年度内に合格することが義務づけられています

臨床心理士指定大学院では実務経験も取り入れられていて、
資格が取得できた時には、すぐに実務ができるような、カリキュラムになっています。



臨床心理士になるには





精神的なストレスを感じている人が多いとうことで、需要が高まっている臨床心理士です。
【臨床心理士になるためのステップ】
ステップは2つです。

●ステップ1:指定大学院に進学する

臨床心理士の試験を受けるための受験資格として指定の大学院を卒業することが必要です。
財団法人の臨床心理士資格認定協会が認定した大学院です。
すでにいろいろな訓練を受けているとか、状況によって大学院は免除されることもあります。
例をあげれば
医師免許を持っているとか、外国の教育機関で同等の教育を受けた経歴と臨床心理経験を持ってなどがあります。

●ステップ2:大学院卒業後、資格試験に合格すること

臨床心理士試験が毎年秋に行われます。
試験は一次と二次があります。
一次試験 : 筆記と小論文
二次試験 : 口述面接

資格を取得することで、医療現場や教育現場、企業などで働くことができます。
大学院と資格試験という道のりですけど、結構険しく、簡単ではありません。
国家試験ではないですけど、看護師や医師などの国家試験に匹敵する難易度があります。
ですから臨床心理士になろうと決めたならば、それなりの覚悟が必要です。

自分の将来の職業を決めた人だけが進む道ともいえるでしょう。
高校や大学を卒業しても、臨床心理士資格大学院に簡単に入ることはできません。
大学院に受かるための予備校などもあるくらいですから。



◆臨床心理士の資格

臨床心理士は民間の団体の資格で、国家資格ではありません。
ですから、この資格がなければ業務が行えない法律的な制限もないです
ですから、臨床心理士の資格がなくてもカウンセリングなどの心理学的な仕事をすることに制限はありません。
ただ、現実的なことをいえば、多くの求人の必須条件として臨床心理士の資格が必要になっています。
臨床心理士の資格は日本臨床心理士資格認定協会が主催する試験に合格することが必要です。
それから、この資格試験を受験するための条件もあります。
ただ、条件を満足していても合格することは簡単ではないです。
合格率は、60%くらいです。
受験資格は日本臨床心理士認定協会が指定している大学や大学院、専門学校を卒業していること、または外国で国内に相当する学校を卒業していることです。
また、医師免許を持っている場合は実務経験2年以上があれば、受験資格となります。
いずれにしても、専門的な知識を持っている人たちが受験して4割弱が不合格となる試験ですから、かなりの難易度と考えてよいでしょう。


◆臨床心理士の通信教育

臨床心理士の養成課程がある大学院の通信制の講座があります。
臨床心理の受験資格として所定の課程を修了していることと、実務経験1年以上が必要というのがあります。
通信教育の場合ですと課程はクリアできますが、実務経験を別のところで積む必要があります。
つまり、通信教育だけでは臨床心理士になることはできません。
通信教育の費用は大学によって様々です。
このような通信教育は社会人が利用しています。
費用は約20万円程度です。
臨床心理士の資格を取ることができる通信教育は限られています。


◆放送大学臨床心理士

放送大学の主な対象は社会人ですが、資格を取るために受講している人も少なくありません。
臨床心理士の資格がクローズアップされてからは、放送大学でも臨床心理士の資格に関する授業が行われるようになりました。
もちろん、実習はありませんから、2種の指定大学となります。
学卒業後1年以上の実務経験を積むと資格試験の受験資格ができます。
放送大学の授業料は1科目当たり11,000円で、全科目を履修すると70万円を超えるくらいです。


◆臨床心理士の大学

臨床心理士の資格を取るためには指定の大学院を卒業する必要があります。
国立、私立ともたくさんありますから、近くの大学院に行くのが一番でしょう
臨床心理士専門の大学ということではなく、組織上は大学院の教育学研究科に属している場合が大抵です。
つまり、学校教育などと分野としては同じに位置付です。
大学院には第1種と第2種があります。

【第1種】
大学院内で研修を行うカリキュラムが設けられているので、卒業と同時に受験資格ができます。

【第2種】
実習がないので、卒業後実務経験1年以上が必要です。

それから、臨床心理士養成の専門課程がある大学もあります。
指定を受けている大学院は多いですけど、募集定員は少なくて、競争率は高いです。
それぞれの大学院の募集要項を調べてみましょう



臨床心理士 求人



最近の心身疾患の増加で、臨床心理士の求人は増加している状況です。
国家資格ではありませんが、求人の必要条件となっています。

【求人の例】
家庭相談員の求人
災害の後でPTSDなどで不眠症になったり、不安な気持ちで過ごしている人たちの心の支えとなるための相談員というのもあります。

このような求人は、臨床心理士のスキルが有効活用される職場といえます。
家庭相談員との位置付けで、児童福祉の立場からの対応が求められます。
臨床心理士は資格取得の条件として現場での研修が義務付けられていますから、このような場所での相談対応もできることを期待されています。

このようにカウンセリングといっても、病院のような場所に相談相手が来るのではなく、各家庭を周る仕事もあります。
この場合、自動車免許も必須でしょう



臨床心理士 年収


臨床心理士の年収はどれくらいあるか、気になるところでもあるでしょう

【勤務形態と年収の例】
就職先としては病院や学校関係が多いです。
そのことから、年齢によって年収が決まる傾向のようです。
また、若い人よりも経験豊富な人材を求める傾向があります。

職場によって年収の差は大きくて、300万円未満の人から、500万円以上の人もいます。
あなたがこれから臨床心理士の仕事に就きたいと思っているならば、将来性のあるところを選ぶべきでしょう。
勤務形態として、非常勤や嘱託の人が多いので、年収としては少なめになっているかもしれません。

その他、パートタイムとか週3〜4日の勤務でいい場合も多いようです。
主婦として家事をしている人でも、働きやすい仕事ともいえるかもしれません。
仕事内容も、相談する人がいなければ何もすることがない職場でもあります。

単純に年収だけではなく、勤務形態も含めて検討してみましょう

臨床心理士は複数の人と協力して一つのことをするといった場面は少ないようです。



臨床発達心理士




臨床心理士と似たような資格で【臨床発達心理士】というのがあります。
この臨床発達心理士について臨床心理士と比較してみます

1.認定機関が違う
臨床発達心理士は、4学会(日本発達心理学会、日本感情心理学会、日本教育心理学会、日本コミュニケーション障害学会)の連合体である「臨床発達心理士認定運営機構」を認定団体としています。

2.資格における守備範囲が違う
・臨床心理士は、主に大人のノイローゼなどが主な対象で、働く人や家庭内の悩み相談などを担当しています。
・臨床発達心理士は、主に発達段階にある子ども、特に思春期の心の悩みを担当しています。

ただし両者に明確な区別があるわけではなくて、状況によっては、かなりのオーバーラップしてきます。

例えば、子どもの悩みが、そのまま親の悩みにつながっているということも多いですから。
だれでも悩みがない人はいないでしょうけど、ノイローゼなどまでいくかどうかが分かれ目です。
精神的にもろい人は、ちょっとしたことでパニックになることもあります。

自分で自分をコントロールできなくなる人もいるのです。

それらの行動は子どもと大人では違ってきます。

臨床発達心理士には、その違いを十分理解し対応することが求められています。

関連コンテンツ

税理士 試験

税理士と公認会計士の違い 税理士資格と公認会計士資格の業務の違いですけど何が違うのでしょうか? 実際、両者の業務内容は、全く違いますというのが正解です その具体的な業務内容の違い・・・

心理学

心理学を学ぶ 「心理学」という言葉は多くの人に関心をもたれます。 イメージとして、人の心を知って人間関係をよくしてくれるということがあります。 心理学を学びたいと思っている人・・・