お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


猫のしつけ方法

■猫のしつけかた
上手に猫をしつける事で大切なことは、やはり「愛情」です
猫と飼い主との信頼関係はとっても大事ですよね
しつけは厳しくすればいいというものではないです
日頃からのスキンシップで愛情を伝えていって猫との信頼関係を築いていく事が大事です

猫のしつけは子猫の時からがベストです
しつけは、やってもいいことと、悪いことをしっかりわからせていくようにするのが基本です
最初はコミニュケーションで、猫には名前をつけてそれを教えてあげましょう
そして食事をあげるタイミングで名前を呼ぶようにすれば覚えてくれます

◆猫にしつけをすることで大事なこと
・悪いことをしたときは、その場ですぐに注意、怒ることです。後に注意しても猫には何で怒られているかわかりませんよ
・怒ったり注意して、そのことを止めた時にはすぐに褒めてあげましょう
・怒るときに体罰をしてはダメです。恐怖心ではしつけはうまくいきません


■しつけの考え方
犬と猫ではしつけ方法が違うということです
犬は基本的にリーダーへ服従をするので、飼い主にも服従してしつけを守ろうとします。
でも猫は単独で行動するので、命令を聞く習性はないのです
だからといっても、飼い主と暮らす猫なら、しつけは必要になります。

しつけの考え方は、猫に「提案」をしてやってもらうという方法ですよ
猫と飼い主が一緒に暮らしていけるように提案をして、ルール作りっていくとうことです
トイレ、爪とぎの場、キャットタワーなど置いて猫が快適に暮らせる場を提供しましょう
猫はおしっこはトイレ、爪とぎは用意された爪とぎで、キャットタワー以外は上がらないようにルールを守っていくようにしつけをしていきましょうね。


■猫のしつけ トイレ
一番最初に必要なしつけが「トイレ」でしょう
しつけができないと、猫はそこらじゅう勝手にトイレをしてしまいます。
猫は、朝起きてから、食事をした後、遊んだ後、何らかの動作を行ったあとにおしっこしたくなる性質があります。
トイレを置く場所は、廊下の隅、部屋の隅など猫が落ち着いて、できるところを選びましょう。
猫が不安を感じる場所には近づきたがらないからです。

◆しつけの方法
・トイレに砂をいれます。猫が今まで使っていた砂があるときには、その砂を入れておいた方がいいです
・最初のうちは猫がおしっこをしたそうなタイミングをみて、トイレに連れていくことから始めます。
・おしっこのタイミングは、猫を観察していて床の臭いを嗅ぎ、ウロウロしたときです。
・猫がトイレをしているときには、注目してはダメ。見ていないふりをしましょう。
・トイレをしているときには、静かに!!、注意がそれると途中でやめてしまいます。

何回か繰り返し連れて行ってあげると、自分でトイレの場所へ行けるようになります。
大切なことは、違う場所でしても、絶対に猫を怒らないことです。
きちんとできた時は、その場でしっかり褒めてあげましょうね。


■猫のしつけ トイレの場所
猫は繊細なので、トイレをしているところは見られたくないのです。
無防備な状態になるので、本能的に嫌がるとうことです。
猫が安心してできる場所へ置くことが大切なポイントになります

◆トイレの場所
・人があまり通らない場所、静かなところ、こうした場所がなければ、ちょっとした眼隠しとなる植物を置くとか、パーテーションを使い目隠しをすればいいでしょう
・自由に猫が行き来しやすい場所
・一度設置したトイレは、絶対に移動させないこと

心配しなくても、やってみると猫のトイレのしつけは意外に簡単いきことが多いですよ。
初めて猫がきたとき、設置ずみのトイレを教えてあげればだいたいの猫はトイレでできるようになります。
初めてのときに、トイレまで猫を自分で歩かせて連れて行きます。
これを続けていくことが、基本的なしつけの方法です

猫がトイレではないところで、おしっこをしてしまったら、すぐに拭きとりましょう。
臭いがあると、猫は再び同じところでしてしまうかもしれないので、消臭スプレーなどで臭いをとっておきましょうね。


■トイレができないとき
トイレでうまくおしっこができない猫のしつけ方法です。
トイレと違うところで猫がおしっこをするのは、何らかの原因があることが多いです。
一番の原因は猫がトイレを気にいらないことが多いです。

◆チェックのポイント
・トイレの場所が、人通りが多いとかで落ち着かない場所になっていないか。
・トイレが不衛生で汚くなっていないか
・トイレが狭すぎて、ゆとりをもって入る大きさでない。
・トイレの砂が気にいらない。
・猫がご飯を食べる場所の近にトイレをおくのはダメです。
・トイレを新しくすると場合もダメな場合もあります。

猫は環境が変わることをすごく嫌がるので、部屋の壁紙を変えたり、家具の配置を変えても敏感に反応します。
変える場合は、猫が不安がらないように、徐々に変えようにした方がいいですよ。
その他、マーキングとか猫の体調が悪いといったこともありますから、どうしても改善されない場合は獣医さんに相談してみましょうね。
(⌒^⌒)b うん


関連コンテンツ

猫 しつけ

猫 しつけ 基本 猫のしつけは怒ることです 猫のしつけは、しっかりやっておかないと 、 悪いことをすることも多いですから、いくら可愛くてもイライラさせられてしまいます。 こ・・・

トイプードルの飼い方

トイプードル 飼い方 かわいくておっとりとしたイメージがあるトイプードルですが 実際のトイプードルは、独立心が強く非常に活動的な犬です。 トイプードルの祖先は、もともとは狩猟犬でハンターと・・・