お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


猫 しつけ

猫 しつけ 基本



猫のしつけは怒ることです

猫のしつけは、しっかりやっておかないと

悪いことをすることも多いですから、いくら可愛くてもイライラさせられてしまいます。


これでは、飼い主が癒されるどころかストレスになってしまいます。

ですから、猫を飼ったらしつけをきちんとするということです

そして、しつけする時は「怒る」こことがとても大切なことなのです。

もし、猫が悪いことをしたら、その場で怒ってしつけをしましょう。

動物に対して、後で「さっきは悪いことをしたでしょう!」なんて怒ってみてみても
理解できませんから何もならないということです。

ですからその場、その場で、しっかりと怒るようにしましょうね。


猫は耳がとても敏感なので、言葉は通じなくても声を出して一喝するだけで効果があります。

怒るときは、「こら!」と言う人が多いでしょう

この怒る言葉は決めておいて、悪いことをしたら、猫に向かって「こら!」と怒ってくださいね。


そうすると、猫は、「今、怒られた」と分かるようになって

「同じことをすると、また怒られる」と学習するようになります。

怒るとき注意することは、怒っても、叩かないこと

そして、出来るようになっていたら、誉めたり、なでたりしてあげましょう


猫のしつけも、アメとムチ作戦でいきましょうね。


猫の習性としつけ


しつけは、猫と人間が一緒に暮らす上で、やってはいけないこと、

やってほしくないことを、しっかりと猫に教えることです。

トイレはもちろんですけど

そのほかにも、されたくないことをきちんと猫に教えましょう。

悪いことをしたら、「ダメ!」と、その場できちんと怒ることです。

例えば



小鳥や金魚など、猫の好きそうなものをペットにしている場合

小鳥をいたずらしたくなったり、金魚を捕まえたくなったりするのは猫の習性です

でもそこはきちんと叱って、しつけをします

そうしないと他のペットにストレスがかかります

小鳥のかごの近くに行ったらしかる

水槽の近くに行ったらしかる

このようにしつけを繰り返していると、次第に猫は「あの場所に行くと怒られる」と意識を持つようになります。

根気強く、しつけて行きましょうね


室内飼いの場合は、猫のために、上るスペースを作ることも大切です。

猫は高いところが好きです

家具の上に上らないようにしつけをするのではなく、猫がのぼってその場所で安心できるような場所作りも大事です。

上って欲しくない場所は、ねこがあがれないように工夫しましょう。

上ってはダメ!」と、しつけをするよりも

キャットタワーなどを提供してあげると良いでしょう。


猫 しつけ 爪とぎ


また、猫の場合、家具や柱、壁でツメをといでしまいます

ですから爪とぎは用意しましょう

爪とぎは、猫の生理現象ですから、やめさせることも難しいです。

室内用の爪とぎは、いろいろな種類があります

爪を研ぐと、猫が精神的に落ち着くようです

好きなだけやらせてあげましょう。


猫のしつけも、ただ「ダメ!」とか「コラ!」とか、叱ってばかりではなく

どうしたら、やめてくれるのかを考えることも必要です。


しつけは叱ることばかりではありませんよ。


猫 しつけ トイレ


本当に猫を可愛いと思うのでしたら、しつけは最初からしっかりとやっておきましょうね

飼い猫をしつけることは、飼い主の責任でもあるからです。


・トイレを覚えさせる
しつけで一番困るのは、トイレを覚えさせることです。
そして最初に行うトレーニングになります。
きちんとやらないと、家中が猫のおしっこ臭くなってしまいますよ。
トイレをしつける方法は、人間の子供にトイレを教えることと同じです。
人間も、小さい子供の時、トイレをもよおしたら
トイレに連れて行くことでトレーニングをしますよね。

・猫にトイレを教える方法
猫にトイレのしつけをするには、オシッコをしたい時のタイミングを見つけることが大事です。
そのタイミングは、猫が部屋の匂いをクンクンと、かぎまわったら、トイレタイムの前兆!!
砂を掘り起こすようなしぐさや、床を引っかくようなことをした時はトイレがしたいと思っていいでしょう。

その時、猫をトイレまで、連れて行ってあげます。
しばらくするとトイレの中で猫はオシッコをするでしょう。
これを、毎日、数回、辛抱強く繰り返してトイレですることを覚えさせるのです

ポイントは、猫がオシッコをつけたティッシュなどを、トイレに入れておくことです
こうすれば、自分の臭いがして安心します。


・トイレの置く場所
気が散らない静かな場所にしましょう
玄関などの人の出入りの激しい場所は止めておきましょうね

・猫のトイレの場所を決めたら、変えないこと
せっかく、トイレのしつけをしても、そこへ行ったらトイレが移動してあると猫も混乱します。
そうなると、トイレがなくても、もとの場所でトイレをしてしまう可能性もありますよ

・トイレ掃除は豆に行うこと
何日も砂を飼えず、悪臭があるトイレではオシッコをしなくなってしまうことも多いです
猫のトイレは、消臭剤をかけたり、芳香剤を使ったりしないこと。
猫は鼻が敏感ですから、芳香剤のにおいがきつくて、トイレに行かないようになってしまします。

・猫のトイレにペーパーシートはダメです。
砂でオシッコをするのが猫の本来の姿です。
砂かきが出来ないと、そのトイレに行かないようになってしまうこともあります。

・猫の数だけトイレがあるのが理想です


猫 しつけ 噛み癖


飼い主が猫をなでたり抱っこしたりするタイミングが悪いと、猫が噛む事があります。
このような事から、しつけをする前に、まずは飼い主が自分の行動を考え直してみることが必要です。

◆猫が噛むとき

・きちんとしつけをされている猫は、人間を噛むようなことはないです
でも遊んで欲しくて、じゃれて軽く噛みつくことはあります。それを叱ってしつけるということはしないようにしましょう。

・嫌なときに抱かれたり、撫でられたりして、イライラするときに噛むことがあります。

・遊んでいるつもりが、だんだんとエスカレートして本気で噛んでしまうケースがあります

・猫が病気をしていたり、怪我をしていたり、体調が悪い際には、イライラしていて、自己防衛で相手を噛みます。

・怖い思いをしている時も、自己防衛として噛む時があります

・親や兄弟から子猫を早く離してしまって、子猫同士の遊びをしていない猫は、加減が分からず強く噛んでしまうようです。

・猫が、飼い主ではなく、他から与えられるストレスで、人に噛み付く場合もあります。
例えば、知らない野良猫が近くに居るときなどもおびえたり、怒ったりします。
そんな機嫌が悪い時を気づかず抱き上げようとするなど、タイミングが悪いと噛むことがあります。


◆猫の行動から気持ちを察する

何もしていないのに突然、噛み付いてくるのは、他でのストレスを人間にぶつけています

例えば、知らない野良猫が見えた時は、おびえたり、怒ったりするのです。

そんなタイミングに、抱き上げようすると噛みつくことがあります。

猫が怒っていると思ったらそっとしておくのが一番です。

猫の爪とぎのしつけ


家具がぼろぼろにされしまったなんていうのを経験した方もおられるでしょう

この原因は猫の爪研ぎの習性にもあるのです

爪が生え変わると、かゆくなるようで、つめをしきりに研ぎたくなるのと

猫が自分の存在を誇示するため、肉趾からの分泌物を出して、家具にマーキングします

それから爪を研ぐ行為が、体をストレッチで筋肉を鍛えたり伸ばしたりと猫の健康にも関係します。

しつけで爪研ぎを禁止すると猫のストレスにつながりますし、病気にもなってしまうこともあります。


こんな猫の爪とぎをしつける方法は

猫が爪を研ぎそうになったら、顔に霧吹きのスプレーで水をちょっとかける

大きな音が出るもので驚かせます。

これが、結構効果的なしつけになります

猫はびっくりすることが嫌いです

何度かやっているうちに「ここで爪を研ぐと怖い目にあう」と学習するでしょう


それから猫にとって使いやすい爪とぎを用意しましょう

猫は、つめが伸びてきたりすると、ガリガリしたくなるものなので、ガリガリし始めたら、爪とぎの場所に連れて行きましょう。

そうすれば爪研ぎ場所も覚えてくれるでしょう

それから、室内で飼う猫は伸びた爪は切ることをお忘れ無く。


猫の食事のしつけ



猫の食事のしつけの基本は、時間、場所、分量を決めて、毎日規則正しく食べさせることです。

テーブルなどに猫が乗ることも、不衛生ですからダメだときちんと教えましょう

鳴いてすりよって来ても間食はあげないようにしましょう

それから「このエサ、食べないから、違うエサを買ってきた」と次々とエサを変えることはやってはダメです。

おなかをすかせれば猫は食べるようになります。

食べないから次々と違うエサを出していくと、わがままな猫になってしまいます。


食事は猫の健康管理に大切です

きちんと時間を決めてけじめのある食生活をしつけましょう

この際、飼い主さんも猫と一緒に規則正しい食生活をしてみてはいかがでしょう




関連コンテンツ

猫のしつけ方法

■猫のしつけかた 上手に猫をしつける事で大切なことは、やはり「愛情」です 猫と飼い主との信頼関係はとっても大事ですよね しつけは厳しくすればいいというものではないです 日頃からのスキンシップで・・・

トイプードルの飼い方

トイプードル 飼い方 かわいくておっとりとしたイメージがあるトイプードルですが 実際のトイプードルは、独立心が強く非常に活動的な犬です。 トイプードルの祖先は、もともとは狩猟犬でハンターと・・・