お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


七夕

織り姫と彦星の七夕伝説


たなばたものがたり (行事の由来えほん)

幼稚園では、笹飾りをつくって、織り姫と彦星の絵本や紙芝居を見ることでしょう

よく覚えていない人もいるでしょうから、

七夕のストーリーを簡単に振り返ってみましょうね。


織り姫は機織りが上手です

織り姫の織る布は五色に輝く素晴らしいできばえのものでした。

織り姫のお父さんの天帝は、織り姫に良い結婚相手がいないかと探していました。

その時、勤勉な若者の彦星に出会い、気に入りました。


そこで、二人を引き合わせるとすぐに仲良くなり、結婚して夫婦になりました。

ところが、二人は遊んでばかり。。。

働かなくなってしまいます。

二人の様子を見た天帝は怒りました。

二人を天の川の両岸に引き離して会えなくしてしまいました。


織り姫が彦星に会えずに泣いてばかりいたので、天帝もかわいそうに思ました。

そこで二人がまじめに働くならと、年に一度だけ会うことを許したのでした。


織り姫と彦星はまた一生懸命働くようになました。

そして、7月7日になると天の川を渡って年に一度の逢瀬を楽しんでいるということです。


わし座のアルタイルが彦星で、こと座のベガが織り姫です

この二つの星が七夕の主役に選ばれたのには理由がありました。


七夕伝説の発祥は中国です

農業の時期になると「彦星」であるアルタイルが光り輝きます。

そして同じ時期に輝きを増すベガを「織り姫」にして、機織りや縫製のシンボルにしました。

七夕は、農事の始まりを告げる行事だったのです。


七夕飾り 由来


毎年七月、七夕のイベントが日本の各地で行われます。
七夕は日本古来からの伝統行事です
しかし由来ははっきりわからないようです。
そのなかで最も有力な説に、3つ事柄が組み合わさって生まれたという説があります。

1."棚機(たなばた)"といわれる日本の神事
  乙女が機を織って神に供え、けがれを祓い、秋の豊作を祈ったというのがあります。
  このときに使う織機が"棚機"と呼ばれるものです。
  そして仏教の伝来があって、お盆を迎えるための行事が七月七日におこなわれるようになった


2.中国から伝えられた牽牛(けんぎゅう)と織女(しゅくじょ)の星伝説
  牽牛は農作業の星、織女は縫製作業を司る星です 
  それが天の川をはさんで向かい合っていて星伝説が生まれました。
  牽牛と織女は、毎年七月七日の夜だけ天の川をわたって会うことができるというものです。

  当日、雨が降ると天の川の水かさが増して渡れなくなってしまいます
  でも、その時はカササギの群れがやってきて、橋をつくってくれるから会うことができるそうです。
  また、別の説には、雨は再会を喜ぶ二人の涙だいうのがあります。


3.中国の風習 "乞巧奠(きこうでん)"
  "乞巧奠"というのは、織女が機織り名人だったことにあやかって、七月七日に織女星に祈りを捧げ、   機織りが上手になるようにと願ったという風習のことです。

やがて、縫製以外にも、芸事とか書道が上達するようにとかも一緒に願うようになりました。
平安時代には、"乞巧奠"に習って五色の糸を通した針を柏の葉に刺すという風習があったようです。

笹飾りをするようになったのは、江戸時代からだそうです


七夕飾り 意味


タカ印 七夕用品 笹(小サイズ) 46-7798

七月七日に催しを行った最初の日本人は、持統天皇といわれてます
日本書紀には「公卿に宴を賜う」というのがあるということですけど、宴で七夕らしいことをしていたかどうかは分からないと言うことです
七夕の行事自体は、奈良時代には行われていたようです
でもその頃は中国風に五色の糸を星にお供えしていたそうです。
室町時代になると、長い紙に和歌を書いておさめるようになりました

現代のように飾りを飾るようになったのは江戸時代になってからのことです。
この七夕飾りにはそれぞれに深い意味があります。

【短冊】
願い事を書きます
「字が上手くなりますように」「和歌が上手くなりますように」などの願いも込められているそうです。

五色の短冊に願い事を書いて下げるようになりました
青…「徳を積む」「人間力を育む」
赤…「両親や祖先に感謝する」
黄…「信頼する」「知人や友人を大切にする」
白…「義務や決められた事を守る」
黒…「学業を向上させる」

【吹き流し】
「機織りや芸事が上手になりますように」

【投網】
「豊漁・豊作になりますように」

【折り鶴】
「家族が長生きしますように」

【紙衣】
「裁縫の腕が上がりますように」「子どもが病気になりませんように」

【巾着】
「お金が貯まりますように」「節約できますように」

【屑籠】
「整理整頓ができますように」

飾りには、このようにそれぞれ願いが込められています。


七夕 飾り 作り方


◆七夕 飾り おりがみ

【吹き流し】
吹き流しは織り姫の織る布を象徴しています
そこで機織りが上手くなりますようにという願いが込められています。
・小さな吹き流しは、、黄色の折り紙を星形に切り抜き、3種類の違う色の折り紙を細長く切ったものを貼り付ければできあがります。

・折り紙を丸めて上部を3センチほどのりで貼り、下の部分をハサミで細長く切ると、立体的な吹き流しになります。
七夕 個人セット たなばた 幼稚園 保育園 知育玩具

・立体吹き流しを作りたい場合は、3色の折り紙を3センチ幅に切ってそれぞれ輪っかにしたものを組み合わせた"3枚輪っか"や、花紙でつくったお花をつけると素敵です。

・豪華な吹き流しは、多少の工夫が必要です。
工作用紙などで大きめの輪をつくり、カバーの色紙を貼り、吊せるようにひもをつけます。
折り紙を5色ほど縦に長く貼りつなげ、一番上の3センチを残して蛇腹に折り、何本にも細く切り分けます。
広げると、風に揺れる色とりどりの吹き流しになります。
最初につくった輪に吹き流しの上部を貼って完成です。
上にくす玉をつけると、もっと豪華な七夕の吹き流し飾りです

吹き流しは「青・赤・黄・白・黒」の五色が基本で、その由来は儒教の「仁・義・礼・智・信」といわれています

【つづり】
一番簡単でも目立つのは、"つづり"と呼ばれる飾りになります。
同じ形をいくつもつないで長くしていくだけなので簡単です。
違う色をつなげると虹のように美しいです。

つづりには特に形の決まりはありません
基本的な作り方
・ひしがたつづり…折り紙を四角に四つ切りにして、斜めに並べて角をのりで貼ります。
・さんかくつづり…折り紙を三角に四つ切りにして、三角のとがった方を上にして並べて、上部をのりで貼ります。
・わっかつづり…折り紙を縦に細く八つ切りにして、チェーンのようにつないでいきます。

七夕にちなんだ形のつづり

・ほしつづり…折り紙をきれいな星形に切り抜いてつなげます。
・ささつづり…緑系の折り紙を笹の葉形に切り抜いてつなげます。

【あみかざり】
あみかざり」は豊漁と食べ物に困らないようにとの願いを込めて飾られます。

形が川のようなので、天の川のイメージで飾られることも多いようです。


・折り紙を縦に細く四つ折りにして、右側から2cmおきに切り目を入れていきます。
・次に、右側からの切れ目の間に、左側から切り目を入れていきます。
・折り紙を広げれば、網の目の完成です。

・応用編としては、折り紙を三角に四つ折りにして、同様に右側と左側からたがいちがいに切り目を入れて広げると、ふわりと立体感のある網になります。

両面折り紙やグラデーション折り紙などを使うと、カラフルで素敵なあみかざりができますよ


◆七夕 飾り クラフト
ペーパークラフトの無料ダウンロードを利用する方法があります。
普通紙にカラー印刷して切り抜けば、簡単に七夕飾りができあがりますよ。
親子で楽しむのもいいですね。

短冊の素材も、単色や、グラデーション、星形が白抜きされているもの、織り姫彦星のイラストがついたものなど、たくさんアップロードされていますよ。

それから、インターネットには、七夕のイラストもたくさんアップロードされています。
織り姫や彦星、天の川を切り抜いて、貼り絵をつくってみるのも楽しいでしょうね
必要なイラストは、織り姫、彦星、天の川、機織り、牛、天帝(織り姫のお父さん)、かささぎなどです

そのほとんどはインターネットからダウンロードできます
厚めの紙にカラー印刷すれば素敵な貼り絵になりますよ。
夏休みのカレンダーにも応用できますよね。


七夕 飾り 幼稚園


6月中旬ころから七夕の壁面づくりを始める幼稚園が多いようです。

七夕の日に向けて子どもたちと一緒につくる壁面が楽しいですよね

・まず、織り姫彦星と何本かの笹竹だけを壁面に貼っておきましょう
・一週目で、吹き流しやつづり、ちょうちん、くす玉などの飾りをつくって貼ります。
・二週目で、たくさんの星や笹の葉をつくって背景を飾ってみましょう
・最後に七夕の日が近づいてきたら、五色の短冊に願い事を書きましょう
 ひもをつけて貼れば壁面の完成ですよ。

ホールなどに設置して全園児が参加してつくれば、発達に合わせた飾りを手分けできますね


仙台七夕


伊達政宗は仙台藩主で、七夕に関する和歌を8首詠んでいます。

ということは、江戸時代には仙台で七夕行事が行われていたことがわかります。

今では毎年旧暦の8月6日に仙台の観光イベントとして盛大に開催されています。

そしてたくさんの人で賑っているのです。
仙台手ぬぐい ふきん「七夕七つ飾り」

仙台七夕まつりの主役は、色とりどりの豪華な笹飾りです。

地元では数ヶ月前から飾りの準備をしています

その飾りの内容は8月6日の朝から一斉に飾り付けが始まるまでわかりません。

吹き流しは5本1セットで飾ることが習わしになっています。

豪華な笹飾りは1本につき数十万〜数百万円とも。


仙台七夕まつりの飾り付けには審査があって、優秀なものには賞が贈られます。


それから"七つ飾り"と呼ばれる小物が飾られているのも特徴ですよ。

1)紙衣(かみごろも)−−−裁縫の上達を願い、笹の一番上に飾られます。

2)折鶴(おりづる)−−−−家の長老の年の数だけ折り、長寿を祈ります。

3)短冊(たんざく)−−−−学問や書道の上達を願い、笹に下げらます。

4)投網(とあみ)−−−−−仙台近海の豊漁を祈願します。

5)屑籠(くずかご)−−−−飾りをつくるときの屑を入れ、物を大切に使う人になれるように。

6)巾着(きんちゃく)−−−無駄遣いせず、節約貯蓄ができるように願います。

7)吹き流し(ふきながし)−織り姫の織り糸の象徴で、飾り物の主役


仙台の人々は七夕飾りを通して、、繰り返される深刻な冷害、厄災の回避と豊作を田の神に祈ってきたのでした。


関連コンテンツ

あべのハルカス

あべのハルカス オープン日 来年春に開業する高さ300メートルと日本一の超高層ビル「あべのハルカス」 2013年 6月13日 「タワー館」(地下2階〜地上14階)5万7千平方メートルと 旧・・・

お金 増やす

お金を増やすことと貯めること 皆さんがとっても関心があると思う お金を増やす方法って、どのような方法があるでしょう。 例えば、 手元に持っている1万円を2万円に増やす方法を考えてみまし・・・

学資保険

学資保険と孫 最近は、孫のために祖父母が教育費を援助することが増えています。 その方法は、孫の学資保険の契約をするというものです。 子どもや孫にお金を贈与すると、贈与税がかかります。・・・

脳トレ

脳トレとは 「脳トレ」という言葉を耳にする機会が多くなっています。 この「脳トレ」という言葉の意味ですけど これは、脳のトレーニングを略した言葉なのです まあ、単純といえば・・・

国際郵便

郵便の始まり 郵便の初めて 世界で初めて郵便制度を取り入れたのはイギリスだそうです。 1840年頃、全国均一料金制度が取り入れられました。 ポスト投函制度といわれる切手を貼って・・・

快眠サイクル

快眠サイクル時計 iPhoneの無料アプリで快眠サイクル時計が大人気の目覚まし時計です。 快眠サイクル時計がスゴイのです。 英語圏で利用されている目覚ましアプリに「SleepCyc・・・

引っ越し

引っ越し 手続き 役所 引っ越しの準備のなかで、忘れてはいけない事務手続きが、たくさんあります。 区役所や、役場で行わなければならない届出は、そのお宅によって違ってきます ですから、どのよう・・・

はじめて 飛行機の乗り方

飛行機の乗り方 大まかな流れ チェックイン→荷物→手荷物検査→出国手続き(国際便)→搭乗待ち→搭乗→到着 ◆チェックイン 空港に着いて最初に行う事は「チェックイン」や色々な手続きです。・・・


「七夕」のトップへ↑
「お役立ち。まちかど情報館」のトップへ↑