お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


視力回復

どの様な視力回復方法が有るか





「視力回復」と一口で言っても
実際どの様な方法があるのか。。。。ですよね

現在は、メガネやコンタクトで生活をしている人は多いのではないでしょうか
メガネもコンタクトも使わない日常生活が送れるとしたらどうでしょう。
そうなれば、とっても素敵ですよね
ファッションも変わってきてしまうかもですね

今、その夢を叶えるべく色んな視力回復方法がたくさん出回ってます。
簡単な視力回復方法としては
視力アップに繋がるツボを刺激するとか
目を癒して疲れを取り血行をアップさせる様に目を温める
目の周辺をマッサージしただけの視力回復方法も有ります
食べ物から視力回復効果や眼精疲労解消ができるというのもあります

でも、このような視力回復方法はだいぶ個人差があるのが実際のようです

そこで効果がでているよいう「レーシック手術」があります。
レーシックは角膜実質層をレーザーで削って屈折率を矯正して、視力が出やすいようにする手術です
手術で直接視力を回復さる方法です
但し、この手術は保険適応外なので費用がかかります。

このように視力回復方法には、様々な方法があるのです


視力低下の原因



現代人の生活は目を酷使する様な生活環境にいるといえます

・携帯電話やスマートフォンは目を酷使します。
眼の酷使は眼精疲労を起こさせ、長期化すると視力低下に繋がっていきます。

・目をたくさん擦るような事が多いと、網膜剥離や緑内障、白内障になる可能性が高くなります

・加齢によっておきる視力低下

・遠視、近視、乱視、弱視による視力低下

・不安や心配事、ストレスが長期間かかるための視力低下

・全身衰弱による視力低下

・ゲームやパソコン、テレビの見すぎ

・眼精疲労の目の疲れは充血、痛み、重み、かすみなどの症状で現れ視力低下に繋がっていきます。

・主な視力低下の原因は目の酷使に有るいえます



視力回復方法



視力低下の原因は目の酷使が大きいです

ですから目を酷使させないようにするため

目を休ませる事を積極的に行う様にして、視力低下に関わることをできるだけ行わないようにすることが大事です


◆視力回復目薬

視力回復としても使える目薬が有ります。
しかし一般に市販はされてはいません
調整麻痺剤(ミドリンM)と言う目薬で、眼科医に処方してもらいます。

目のピントを合わせてくれる機能をもっている
毛様体筋や神経を麻痺させて、この部分を強制的にリラックスさせる作用があります。
点眼後は視界が見えにくくなる時があること、瞳が大きく開いてしまうことがるので
寝る前にしか使えないのですけど
点眼するだけで、視力回復として利用できるので手軽です。


◆視力回復 ツボ

「目のツボ」を押したりマッサージしたりする方法があります
このことで、目の組織の毛様体筋にハリが戻って来るので、目の焦点を合わせる機能が回復してくるということになります。

効果的なツボは黒目の真下にある「四白」と呼ばれるツボと
眉頭の真下に少しへこんでいる所に「天応」と言うツボがあります
ここを優しく押したり円を描く様にマッサージしたりすると効果的といわれています。

ただし肩凝りや首凝りが酷い人は、これを解消をしてから行ったほうが
効果的なようです


◆ウインク視力回復法
「瞬き」を意識的にする視力回復方法です
瞬きには、涙を目全体に行き渡らせ潤いを与える、目のゴミの洗い流し、目に栄養を与える、目を休ませる役割があります。
瞬きがすくないと、目の周りの筋肉が衰えてきてしまって視力低下につながっていきます。

・視力回復方法としての瞬きの方法
普段の瞬きよりは強めに数回瞬きをします。

数回瞬きの最後は、数回瞬き目をそのまま閉じて5秒間キープします。

この繰り返しを1分くらい実行する
とっても簡単ですけど、目の周りの血行が良くなって視力回復に繋がっていきます。


◆視力回復コンタクトレンズ

「オルソケラトロジー」と呼ばれている視力回復が出来るコンタクトレンズがあります
このコンタクトは就寝中に装着するだけで、角膜を矯正してくれるスグレモノ

定期的に通院しなければいけませんけど
効果が比較的早くて、目の負担も少ないとして利用者の皆さんから高評価があります。
これはとても便利なのであなたも検討してみてはいかがでしょうか。


◆視力回復センター

・元々目が持っている自然治癒力だけを使って、視力が回復するようにトレーニングしていく施設です。
○どんなことをするのか
・トレーニングで、どの程度視力回復が見込めるのかチェックします。
内容は、メガネが合っているかどうか、矯正時と裸眼時の視力チェック、目の屈折度数のチェックです。
この検査を元にして、期間や費用、回復の程度を話し合って決めて、トレーニング内容をセッティングしていきます。

これはレーシック手術をしてくれる病院とは違います。

目が本来持っているであろう自然治癒力を使って高めて行ける様に視力回復方法を行ってトレーニングしていく施設になります。

ここで着目したい点は目が本来持っている自然治癒力だけを使うと言う点です。


レーザー等の医療行為が施されない為に手術に対して不安が有る人など多くの人が利用しているそうです

では実際に視力回復センターではどういう手順で進んでいくのでしょうか。

先ずはトレーニングをしてどの位の視力回復が望めるかチェックをします。方法としては、メガネが合っているかどうか、矯正時と裸眼時の視力チェック、目の屈折度数のチェックになります。

これを基に視力回復までにかかるであろう期間や費用や回復度合いを話し合って決めていき、トレーニング内容を決めていきます。

そして1回あたり大体10分位のトレーニングをセンターで始めていく事になります。

その後は視力回復効果が有るか定期的にチェックしていきますし、

効果が無い様であればトレーニング内容の変更もしていく様になります。

但し視力回復センターでのトレーニングだけではなくて、自宅でセルフで行うトレーニングも指導を受けますので実践するようにしましょう。

相乗効果で視力も回復傾向に向かっていくと思いますよ。

但し視力回復センターに通ったからと言って必ずしも視力回復が望めるかは個人差が有ると言うことで
すので、

了承した上でトレーニングをする場合はしていく様にしましょう。


◆瞬きをする

「瞬き」を意識的にする視力回復方法です
瞬きには、涙を目全体に行き渡らせ潤いを与える、目のゴミの洗い流し、目に栄養を与える、目を休ませる役割があります。
瞬きがすくないと、目の周りの筋肉が衰えてきてしまって視力低下につながっていきます。

・視力回復方法としての瞬きの方法

普段の瞬きよりは強めに数回瞬きをします。

数回瞬きの最後は、数回瞬き目をそのまま閉じて5秒間キープします。

この繰り返しを1分くらい実行する
とっても簡単ですけど、目の周りの血行が良くなって視力回復に繋がっていきます。


◆DS 視力回復

ニンテンドーDSに視力回復が期待出来るソフトがあります

「眼力トレーニング」といいます
このソフトは視力回復方法というよりは、眼が本来持っている力を鍛えていくというものです。
その力というのは、動体視力、瞬間視、眼球運動、周辺視野、眼と手の連動動作というものです。
この5つの力を鍛える事で眼力を上げていくようになっています。
今の眼の年齢をチェックしたり、眼のストレッチを行ったり、オススメのトレーニングを行ったりという内容です。
基礎トレーニングとスポーツトレーニングの応用編があって、全部で17種類は出来る構成になっています。


◆立体視 視力回復

「マジカルアイ」と言う3Dの絵本で立体視出来るようになっています。
とても人気があります
子供や大人でも楽しみながら視力回復が出来るのでオススメです。



◆視力回復方法 遠近法

遠くと近くを交互に見る方法です。
目にはカメラのピント合わせと同じような機能があります
毛様体筋とよばれる、水晶体を支えている筋肉で
この部分が凝ってしまうと、視力の低下につながっていきます。
ですからこの筋肉をほぐすことで視力回復が期待できます。

・人差し指を立てて目の前に置き焦点を人差し指に合わせます。

・そのまま5秒ほどジッと見つめます。

・人差し指の奥にある遠くの何かに焦点を合わせて10秒くらい見つめます。

・また人差し指に焦点を合わせて5秒ほど見つめます。

・この方法を数回繰り返します。

○これだけで毛様体筋に刺激が加えられます。


視力回復する食べ物



適切な「サプリメント」を摂れば、視力回復効果があるといわれています。

【ブルーベリー】
ブルーベリーは昔から目に良いと言われています。
眼精疲労を解消させてくれる効果があるといわれ、視力回復効果も望めるでしょう。
毎日食べるのは大変ですから、サプリメントがお手軽でしょう。

【ビタミンA】
ビタミンAには目に良い効果がたくさんです。
目の粘膜を傷付けないように保護したり、ドライアイにならないような効果もあるようです。
それから、目の網膜の健康を保ってくれます。
このようなことで、視力回復効果が有る栄養素といわれています。

【ルテイン】
目の老化を遅らせてくれるアンチエイジング効果が期待できます




レーシック



「レーシック手術」は多くの人が行いはじめている視力回復方法です。
どのような手術かと簡単にいいますと
目の角膜の表面部分をレーザーで薄く剥がします。

剥き出しになった角膜実質層と呼ばれる部分を光が屈折して見える様に削っていきます
・眼には点眼で麻酔をします。
・瞬きをしない様に機械を使って瞼を開けて固定させます
・意識が有るので手術されているのは分かります
・レーザーを当てている時間は長くて1分位のようです
・一般的には最初から最後までは大体10分位で終わるようです(長くても30分位)。
・手術後数日間は点眼薬をしたりゴーグルをしたりで目の保護をします。

その後視力回復を感じるようになる

○手術費用は保険不適応と言う形式ですから
病院によってかなり幅があって、大体15〜60万円位だと思ってくれればいいでしょう
但し、安いからと安易に病院を選ばない様にしましょう。

◆レーシック失敗
手術ですから、当然メリットだけじゃなくてリスクもあります。

代表的なリスク
・手術後に見えすぎてしまって、度が強いメガネをかけるとくらくらするような状態になって、気持ち悪くなる場合が有ります。
・目が乾燥してしまってドライアイになってしまう場合が有ります
・明るい物を見た時に眩しすぎたりにじんで見えたりする場合が有ります

その他のリスク
・病院をきちんと選ばないと担当医師が手術経験数が少なくて不安なことがある。
・手術用具の消毒などをきちんとしていない劣悪な環境だったりすると、手術後に目の状態が悪くなってしまう可能性が有ります。
・何かあってもきちんと責任を持ってくれない病院もあるようです

○リスクをきちんと分かってレーシック手術を受けるようにしましょうね。

関連コンテンツ

吃音

吃音症 吃音症とはいわゆる「どもり」で、言語障害の一種とも考えられています。 早口でしゃべると突っかかったるとか、言葉に詰まったりというのとは違います。 原因ははっきりとわかりません。 ・・・

めまい

めまい 原因 ◆めまいとは めまいには大きく分けて二つの種類があります。 ・回転性 いわゆる「目が回った状態」のことです。 三半規管や耳石器などの平衡感覚をつかさどる内耳が原因と考えられ・・・

いびきの治し方

いびきとは あのうるさい音はどのようにしてでてくるのか知っているでしょうか いびきは、舌根や軟口蓋が上気道をふさいでしまうと狭くなって 呼吸する空気が舌根や軟口蓋を振動させることで発する音で・・・