お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


めまい

めまい 原因


◆めまいとは
めまいには大きく分けて二つの種類があります。
・回転性
いわゆる「目が回った状態」のことです。
三半規管や耳石器などの平衡感覚をつかさどる内耳が原因と考えられる症状です
体をわざとぐるぐる回せば目が回りますよね。
これが何もしないのに起こってしまう症状になります。
同時に吐き気などもあります。
回転性めまいは横になって安静にしておく必要があります。
しかし、実際には体を横にしていても回転性めまいの症状は続いています。
ひどい場合は数時間継続することもあります。
・動揺性
平衡感覚を処理する脳幹と言う部分の障害が原因となるものです。

お医者さんに「めまい」の事を聞かれた時に、これらの症状を詳しく説明することが大事なのです。
でも、めまいをうまく説明できないことが多いとおもいます。
重大な障害によるものなのか、何となく感じているものなのかがよく分からないからなのです。
いずれにしても、自覚症状があるのでしたら病院で検査をしてもらいましょうね。



◆めまいの主な原因

・良性発作性頭位めまい症
一番多いめまいで、耳石器の中の耳石が剥がれることによって感じるめまいです。
特に問題があるわけではなく、半分くらいの人が自然に治ってしまいます
症状も数十秒程度でて、それが数週間続くような感じです。
めまいはそのままにしておくと、治ってしまうこともありますから、できるだけ症状があるうちに診察を受けましょう。
一過性のめまいの場合は原因不明となることも多いようです。
めまいが頻発するようであれば、他の病気が原因になっていることもあるので、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

・頭痛とめまい
めまいと頭痛は原因が同じことが多く、両方の症状が出ることも多いです
耳鼻科系の病気によっておきる頭痛は多くて、同時にめまいの原因ともなっています。
片頭痛はめまいで治療をしている人の半分ぐらいが感じています。
特徴は反復性で長時間続き、ズキズキするような強い痛みがあり、同時に吐き気などもあります。
原因は脳血管の拡張によって頭痛が発生します。
薬としては脳血管収縮作用のあるものが有効です。
しかし、効果が見られない場合は、原因が脳血管拡張ではないということになります。
ですからめまいと頭痛を感じているのであれば、すぐにでも専門のお医者さんに診てもらいましょうね

・回転性めまい
体をわざとぐるぐる回してみると、目が回ってしまいますけど、これが何もしないのに起こってしまう症状です。
めまいと同時に吐き気などもあります。
回転性めまいとしてよくあげられるのが「乗り物酔い」で、車で揺られているとめまいで気分が悪くなるというものです。
・原因は
バランスの維持を行っている三半規管や内耳が過敏に働いた結果です。
病気によってこれらの器官が正常に働かなくなってしまうと、めまいの症状がでます。
回転性めまいになった時は横になって安静にしていましょう。
でも実際には体を横たえていても回転性めまいの症状は治まるわけではなく、ひどい場合は数時間継続することもあります。
まずは病院で検査をしてもらうことが大事です

・メニエール病
めまいの原因としてよくあげられるのがメニエール病です。
・年齢的には30代から40代の女性に多いと言われ、おおよそ1万人に一人の発症率といわれます。
・内耳の中に水が溜まって引き起こされる病気です
・症状の特徴は強い回転性めまいで、ぐるぐる回る激しい症状です。
・メニエール病の治療は、溜まった水を出すために、利尿剤や内耳の神経を改善するためのビタミン剤、血管の流れをよくするための薬などがあります。
・薬ですべての人が治るわけではなく、日常生活に支障があったり、聴力が悪化する場合は手術があります。
・メニエール病は悪性の病気ではないので、命とかには別状はないです。
めまいが続くと、体のバランスをうまく取れなくなることもありますから、早期発見、早期治療が一番です。

・立ちくらみ 貧血
めまいのひとつに立ちくらみがあります。
一時的に脳が貧血を起こした状態です。
めまいは耳の病気が関係するものと、血行障害が関係するものが大半です。
貧血が原因となってめまいを感じるのです。
たまに感じる立ちくらみなら、心配する必要はないでしょうけど、頻発するようなら病院で検査をしてもらいましょう。

・その他のめまい 原因
血圧異常、不安などのストレス、小脳に異常がある場合、頭部の外傷によってめまいおきる場合もあります。
平衡感覚をつかさどる耳には、血管やリンパ腺があって、どれかが異常になると、めまいがおきます。
患者本人にもめまいのことをうまく説明できないことがあるので、治療が難しいことも多いです。

・重大な病気が原因
めまいも、軽いものから重い病気のこともあります。
恐ろしい病気が原因となっているケースとして
・抗リン脂質抗体症候群
回転性のめまいに襲われ、併せて、ふくらはぎの腫れ、ろれつが回らないなどの症状がでます。
膠原病の一種で、体内の抗リン脂質抗体によって血栓が起きやすくなります。
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすこともあり、最悪、生命の危険に至ることもあります。
動脈血栓、静脈血栓が複数の部位に繰り返し起こるという特徴があります。
妊娠した時に発病するケースが多いと言われ
胎盤の血管に血栓が発生して、胎児の栄養補給が断たれて流産することが多いのです。

めまい 病気


めまいの症状が出る病気はいろいろとありますが
大きく分けると耳に関する病気と血管に関する病気に分けられるます。
・耳の病気の場合は耳鳴りや吐き気などを伴います。
真珠腫性中耳炎、外リンパ瘻、メニエール病、突発性難聴、内耳炎などがあります。
・不整脈によってめまいが生じることもあります
・心筋梗塞が原因のこともあります。
原因は耳の奥にある三半規管が異常に刺激されることによって起こるものと、
三半規管の信号が正常に脳に伝えられないことによって起こるものがあります。
・貧血などでふらつくのは脳への血流が一時的に低下したことによるものです。
いづれにしても、めまいの原因となっている病気を特定し、治療をすることが大事でから専門の病院で検査を受けましょうね。
でも、めまいが収まった状態での検査では、原因が見つからないことも多いようです。

◆耳鳴り
それ自体が病気と言うことではないですけど、何らかの原因があると考えられます。
また、明らかな病気が原因でめまいや耳鳴りを感じる場合もあります。

だ、症状が感覚的なものなので、検査をしても、その原因を特定することは難しいようです
症状の程度を客観的に測定することができないのです。
耳鳴りもめまいも耳の中の器官が関係していることはわかっていのですけど、その原因を特定して、症状を和らげることは難しいのです。
めまいの原因としては、外因性と心因性とに分けられ、それぞれはおおよその原因が特定できるものです。
・外因性は首や耳にけがをしたりした時に感じるめまい
・心因性は神経や耳の病気で発生するめまい
でも一番多いのは原因不明です。
時々めまいを感じるという場合の時は原因を特定できないのです。

めまい 薬


めまいの原因は多義にわたっていて、特定できないことが多いようです。
症状も一度くらいなら心配しなくてもいいでしょう。
・抗めまい薬
脳や内耳への血流を増やすことで症状の改善を図ります。
効果としては神経の興奮を抑え、めまいや吐き気を鎮めてくれるのです。
・その他の薬
浸透圧利尿薬、ビタミン剤、抗ヒスタミン剤、脳代謝改善薬など。。。
これは体内の調子を整えることによって、結果的にめまいを防ぐいうものになります。
薬は市販されているわけではなく、病院の処方によるものです。
めまいの原因には重大な病気が関係している場合もありますから、軽く考えないで検査を受けるようにしましょう。

めまい 病院


めまいがおきた時には、どうすればいいかですけど
病院に行く時には次のようなことを記録しておくといいです
・頭がくらくらして、立っていられないような強いめまいとか、ちょっとふらっとするような程度か
・鳴りや難聴の症状はあったか。
回転性めまいか浮動性めまいが明確に区別できるようであれば、原因はある程度絞ることができます。
めまいがした時には、まずは耳の病気を疑い耳鼻科に行くことをお勧めします。
耳鳴りや難聴などを伴っているのであれば、耳鼻科の可能性が高いと考えてください。
めまいと吐き気や嘔吐の症状の場合は内科で診察することもいいでしょう。
めまいや耳鳴りなどで悩んでいる人はたくさんいますから、病院でもすぐに対応してくれるでしょう。

関連コンテンツ

視力回復

どの様な視力回復方法が有るか 「視力回復」と一口で言っても 実際どの様な方法があるのか。。。。ですよね 現在は、メガネやコンタクトで生活をしている人は多いのではないでしょうか ・・・

吃音

吃音症 吃音症とはいわゆる「どもり」で、言語障害の一種とも考えられています。 早口でしゃべると突っかかったるとか、言葉に詰まったりというのとは違います。 原因ははっきりとわかりません。 ・・・

いびきの治し方

いびきとは あのうるさい音はどのようにしてでてくるのか知っているでしょうか いびきは、舌根や軟口蓋が上気道をふさいでしまうと狭くなって 呼吸する空気が舌根や軟口蓋を振動させることで発する音で・・・