お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


安眠枕

枕の歴史




旅行先とかで枕が変わると眠れないとか、
枕がしっくりしないので、買い直したりしても合わなかったとかいう人も多いと思います。
枕は結構大事で、合わないと眠れなくなったり、体にさまざまな症状がでたりすることさえあります。

日本で初めて、枕が使われたのは、弥生時代の木の枕といわれているようです。
日本では、床で眠るという生活習慣

あの特殊な髪型を守る必要から、木で作られた「箱枕」とよばれる枕でした。
箱枕は木製なので硬くて、高さもかなりあります。

「こんな枕でよく眠れるな」と思いますよね
でも、その当時の日本人は、髪型を保つためには苦ではなかったようです
そして床で眠るのが習慣だったから平気だったのだと思います。

その後、日本で西洋文化が馴染み、今のようなクッションのような枕が普通になりました。

多忙な現代人は、快眠を求めている人が多いです。
「安眠枕」という良い眠りのための枕も話題になっていますよね。
安眠枕を使えば、自分の体のカーブを保ち、ぐっすりと深い眠りにつくことができるということです。

枕が自分に合っていないと、疲れをとるための睡眠が、逆に疲れてしまうなんていうこともあるでしょう。
安眠枕は、体型によっておすすめのものがあります。
ですから安眠枕もその人の体型に合っていないとだめですよ。
背の高い人向きとか、小柄の人におすすめのものとか様々です、購入の時はそのへんも確認しましょうね。


安眠枕の選び方


枕の高さは重要
安眠枕も、体に合っていない安眠枕で寝ていると、身体にどんなことが影響するでしょう?

【高い枕を使っている場合】
高い枕には、頭の部分と首の部分が高いものがあります。
頭の部分が高い枕は、あごを引いた体勢で、
首が高い枕ではあごが前に突き出した体勢で寝ることになります。
その姿勢の影響で、いびきがひどくなったり、肩こりになったり、不眠症の原因になることがあります。

【低い枕を使っている場合】
頚椎を十分に支えることができないから、肩こりや寝違えたりといったことが起こりやすくなります。
それから、枕を使わない人もいるでしょう。
枕を使わないと、頸椎にかなり負担がかかります
その結果、体がむくむとか、肩こりとか、深い眠りにつけなかったりということがあります。
さらに、口だけで呼吸をするようなって、
口の中が乾燥するとか、ほこりを吸い込こむことがあったりで、枕なしは止めておいた方がいいでしょうね

【自分にぴったりの枕の高さを調べる】
第七頚椎(頸椎の一番下の骨)の位置から調べることができます。
誰かに手伝ってもらいましょうね。

第七頚椎の場所は、首を曲げた時に付き出た骨になります。
その位置に、長い定規(真っ直ぐな板のようなもの)をそこから上下に垂直に立てます。
そしたら、はかってもらう人は、楽な姿勢で立ち、視線を約3メートル先にします。
このようにすれば、首が少し前に傾て、自然と楽な姿勢になります。

測定を手伝ってもらう人に、頸椎から垂直に立てた定規から首のいちばんへこんでいる所までの距離をはかります。
(頸椎から、首の一番引っ込んだところまでの水平距離を測るのです)
「自然に立った状態」とは、単純に力を抜いた状態ではなくて
猫背などを伸ばした上で、「気をつけ」の姿勢をした状態です
(理想的なことをいえば、顔部の角度が背骨に対して5度が)です。

日本人の約90%が2.5〜5.0cmの間
女性の平均値は3.0cmくらいで、男性は4.0cm前後ということです。
これを目安として枕を選ぶといいですよ。


枕の素材
枕用の素材はさまざまです。
主な素材として羽根とかパンヤ綿、マルコビーンズ(ポリエチレン)などです。
そばがらの枕もありますね
そばがらは、比較的安くて、寝転がった瞬間のひんやりとした気持ち良い感触がいいのだと思います。
でも、そばがら枕は長年使うと、そばがらが割れて粉が飛散します。
ですから3年くらい使ったら買い替えましょうね。
テンセル そばがら枕 43×63cm そば殻枕 そば枕

【そばがら枕】
硬い枕を好む、ひんやり感が好き、安価な枕を求めている人にオススメです。

【柔らかくて軽く、価格も安い枕】
マルコビーンズやパイプといったポリエチレン素材や、ひのきチップ、羽根などの混合枕です。
ほどよい硬さで、頭をマッサージしてくれますよ。
埃がたまり安いので今は、アレルギー対応の混合枕もあります
・パイプ枕
洗える枕 まくら パイプ ウォッシャブル 43×63cm
昔から使われていいる通気性が良くて価格の安い枕です。
・マルコビーンズの枕
パイプよりも柔らかく高さが調整できます。
丸洗いができて、比較的長持ちです。
安眠枕としても使われています。
但し、硬めの感触なので、なじめない人もいるでしょう。

【低反発ポリウレタン】
低反発まくら 超高通気低反発ウレタン ボディサポーター 低反発枕
安眠枕に多く使われる低反発ポリウレタンですが
元々は宇宙飛行士に与える衝撃を軽減するために作られた素材なのです。
低反発ポリウレタンの枕は弾力があり、押すとゆっくりと沈んでゆっくりと元に戻ります。
寝つきの悪い人やいびきや肩こりで悩んでいる人にオススメです。


安眠枕の形について
安眠枕も、形はさまざまです。
昔ながらの形のものから、機能的な形のものとたくさんの種類がありますよ。
一般的な枕の形は、袋状の布に素材をそのまま詰めたもので、中心が盛り上がっている形ですよね。

【中心の部分がくぼんでいる枕】
枕 ドーナツ型 安眠枕
ドーナツ型枕ともいわれます。
くぼんだ部分に頭がしっかりおさまるので、安定した状態で眠ることができます。
不眠で悩んでいる人にオススメでしすよ。

【横長の形の枕】
基本的に2人用で、ダブルベッドにピッタリです。
1人でゆったりと使うのもいいでしょうし、布団で使うのもオススメです。

【低反発の枕】
横から見ると湾曲になっている形が多いです。
これで、首をしっかりと支えるのです。
波が高くなっている方が手前になりますよ。
低反発の枕にには、ハートのような形の枕もあります。
首に負担をかけないようにするために、首もとが当たる部分のボリュームを減らしてあるのです。

【肩や腕まで支えられる形の枕】
枕に肩まで乗せられるから、抱かれている感じになって、落ち着いてぐっすり眠れまっs

【枕の中が分割されている形の枕】
中央とサイドの高さが違ったり、入っている素材が違ったりすることも多いです。
サイドが高い作りの枕は、寝返りしやすいようになっていますよ
自分の体に合って、心地よいと感じる枕がいいですね。

横向き用の安眠枕
安眠枕を選ぶ場合は、寝る時の姿勢についても考えましょうね

眠っている時間の80%が横向きなのです。


仰向けで寝ている時間というのは、たった20%です
でも、安眠枕選びに、仰向けで寝る姿勢のことしか考えないで、
失敗している人が多いです。
ですから、安眠枕を使っても安眠できないということになります。
いびきや肩こりを改善する安眠枕を手れたい時は、
横向き寝も考えて設計された枕を必ず選びましょうね。

【理想的な枕】
仰向きで寝た時も横向きで寝た時も、体のカーブを保つことができるもの。

【おすすめの枕】
基本的に、枕の中心が少し低くて、両サイドが高めになっている枕。
仰向けでも横向きでも、頭部と頸椎が自然な状態で支えられる枕

寝た時に、
・あごが引いた状態
そこで、首の下に隙間ができると、いびきがひどかったり、肩がこったり、頭痛になったりすることがあります。

・首が伸びた状態
あごが上がって、頭部に血液が下がってしまって脳を刺激し、寝付きがわるくなってしまいます。

こんなことがないように、正しい枕の選び方を知ることが大切です。
横向きで寝ると腰や肩などが疲れてしまう人には、抱き枕がオススメです。
抱き枕は、体と密着して体圧分散効果があります。
ですから体への負担を軽減してくれますよ。


安眠枕 肩こり


肩こりで悩んでいる人には、枕が原因になっていることもあります
朝起きた時に、いつも肩に違和感がある場合
原因は枕にある可能性が高いでしょう。
肩こりは、血行不良が原因です。
枕が合っていないと、体が緊張してしまって、血行不良で、肩や首がこります。
ですから首や肩がよくこる場合は、枕を変えてみると改善される可能性があります。

【肩こりを解消するための枕】

首の裏がしっかりフィットする枕です。
体を横にした時に、床と首の裏には隙間ができます。
それを埋めて安定させるために枕が必要なのです。
枕選びに困ってた場合は、高い枕よりも低い枕を選んだほうがいいです
ちょっと低すぎという場合でも、タオルなどを下に敷いて調整できますよ。
枕が高すぎると、女性にとって大敵な、首のシワを作ってしまう原因になることもあります。
それから、肩こりで悩んでいる人向けに開発された安眠枕もありますよ。


安眠枕 オーダーメイド


【寝具オーダーメイドファクトリー】
枕の他にも、抱き枕、掛け布団、敷布団、ベッドまでオーダーメイドのネットショップです。
枕は、純日本製にこだわり、1つずつ職人による手作業で作られています。
とてもシンプルですが、寝心地は抜群です。

【ロフテー枕工房】
首のカーブについて詳しく計測して、枕の高さ、硬さや感触、香りなど、その人に最適な安眠枕を作っています。
枕選びのプロ「ピローフィッター」が、1人1人に合った枕を選んでくれますよ

【西川リビング】
眠りについてのカウンセリングを行なって、背中のラインを計測し、枕に入れる素材を選んで、その場で枕を作ります。
実際に寝心地を確かめて、高さなどが気になる場合はすぐに微調整し、その日のうちに枕を持って帰ることができるのです。


安眠枕の寿命


安眠枕にも寿命があります。
素材によって違いがありますけど、一般的に寿命は2年程度だそうです。
2年使い続けた枕って、その重さの10分の1がダニの糞や死骸ということもあるようです。
枕は、皮脂やフケなどダニのエサとなるものがそろっています。
その上、枕には湿気がたまりやすいので、ダニが集まりやすい環境です。
枕は頻繁にカバーを取って陰干しとか、カバーをきれいに洗ったりすることが大切です。

【天然素材の枕】
特に寿命が短かく。そばがら枕は約10ヶ月です。
長く使っていると、中のそばがらが割れてでてくる粉で、鼻炎やぜんそくになってしまうこともあります
1年くらいで買い換えることをおすすめします。

【羽根や綿のようなエステルなどの素材】
寿命は1年です。
これらの枕は、長期間使っていると弾力性がなくなってしまいます
ホコリなどもつきやすいです。


子ども用の安眠枕の選び方


子ども用の安眠枕で人気が高いのは、ロフテー快眠枕のジュニアや、西川産業のこども枕などです。
子どもの安眠枕は、年齢や成長をよく考慮しましょう。
1歳くらいから、枕を使った方が良いでしょう。
小さな子どもの体は、まだS字の湾曲がないので、低めの枕がオススメです。
成長とともに、体に凹凸が出てきますから、それに合わせて枕の高さも合わせましょう。
タオルなどを枕の下に敷いて調整すればOKですよ
子どもはよく汗をかくから、手入れしやすくて通気性の良いものを選びましょうね。
枕の通気性が良くないと、ダニが増えやすくなってしまいますよ。

【おすすめの子供用枕】
通気性が良くて丸洗いできる枕です。

子どもは寝ている時よく動くので、寝返りしやすい枕を考える人も多いでしょうけど
「子どもの枕を選ぶポイントとして大事なこと」は、“高さ”と“衛生面”ですよ。


関連コンテンツ

アンチエイジング

アンチエイジングとスローフード みなさんも、スローフードって、聞いたことがあると思います ファストフードは、よく聞くからご存知でしょう。 スローフードは聞きなれない人が多いかもしれません・・・

ロコモティブシンドローム

ロコモとは ロコモティブシンドロームを通称”ロコモ”と呼ばれます これは何のことだか知っているでしょうか 厚生労働省で出している計画に、健康日本21というのがあります。 これ・・・

デトックス

デトックス 時期 デトックスを行うのに最適な時期があるっていうことは、知っていましたか。 昔から月の満ち欠けと人間の体には大きな関係があると言われています。 満月のとき私たちの体にはエネルギ・・・

花粉症

花粉症について 春先に必ず話題になる花粉症。 日本では5人に1人は花粉症といわれています 花粉症とは、花粉に対するアレルギーのことで、遺伝も可能性があると言われています 特定の植物に対して・・・

痛風

痛風とは 痛風というのは、その字の通り体に痛みが出る病気です 傷みも激しくて、大人でもこらえきれないほどの激痛になります。 ◆痛風 原因 原因は、痛風 原因 血液中や関節の中に尿酸の結・・・

肩こり解消法

肩こり 症状 原因 肩こりの原因は一口で言ってしまえば、血行不良です。 以前は大人がなるものいう認識でしたが、現在は齢は関係なく小学生でも肩こりに悩んでいる子もいます 肩こりも症状が酷くなる・・・

便秘解消

便秘 体重 よく便秘になると体重が増えるとかって聞くことがあるかと思います。 これって、便が溜まっているから体重が増えているのだから 便を出してしまえば 体重は元に戻ると、思っている人・・・