お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


日焼け止め

日焼け止め化粧品の賢い選び方


空が夏っぽくなってくると、やはり気になるのが日差しでしょう

そうです
そろそろ日焼け止めを買っておかないと。。。っていうことです
ところで、その日焼け止めってどういうもの?
なんて思ったことはないでしょうか

紫外線は、英語で「ULTRA VIOLET」
頭文字からとって「UV(ユーブイ)」と呼ばれます
UVという言葉はよく知っているでしょう。

私たちが関係する紫外線は、「UVA」と「UVB」の二種類です

【 UVA 】
皮膚の真皮層に作用しタンパク質に影響を与える紫外線です。
肌細胞の新陳代謝にも関わりがあって、ターンオーバーに影響します。

【 UVB 】
お肌の表皮層に作用します。
それでこれを防御しようとして、肌の色素細胞がメラニンを作りだし、黒く日焼けになります。
それから、生成されたメラニンを、「UVA」によってさらに酸化され、褐色に変化するという相互作用もあるのです。
紫外線はタンパク質を変性させます
ですから紫外線を浴びると、肌のコラーゲン繊維にダメージを受けます
それが、皮膚の加齢にも関わってくるから、しっかりガードしないといけないのです。

日焼け止めに必ず表示されている「SPF」
「SUN PROTECTION FACTOR」の略です
UVBをどれだけ防げるかを表す数値です。
例えば
「SPF25」の場合ですと、UVBが25分の1になる、という表し方になります。
数値が大きいほど効果があるということです。
日常生活の場合、海や山に行って一日中野外で紫外線を浴びる場合。
状況によって、SPF値で上手に使い分けて、日焼け止め化粧品を選びましょうね。


日焼け止め 塗り方


日焼け止め化粧品の上手な使い方

ウトドアでは一年中欠かせないのが、UVケアでしょう。
レジャーなどで、炎天下で強い紫外線に長時間さらされるような時は
SPF30以上、PAは++(2プラス)以上を使いましょうね

さらにとても強い紫外線にさらされる場合や、高地や赤道付近に行く場合とか、国内でもしっかりUVケアしたいと思うときは、SPF50、PA+++以上を選びたいところです。

資生堂の日焼け止め「アネッサ」シリーズのパーフェクトUVサンスクーンA+は、

ウオータープルーフでアウトドアの使用にオススメです。
SPF50、PA++++の高いUVガード力があります。

ウオータープルーフでも、のびがよくって、べたつきのない心地よい使用感が魅力。
これなら、強い陽射しでも気にせずに、楽しむことができますね。
ウオータープルーフなのに、専用のクレンジングは不要です

いつも使っているものですっきりできます。
上手に体に日焼け止めをぬる方法ですけど、
容器から直接、肌の上に線状に乗せるのがコツ。

そして、手のひら全体を使って、肌に円を描くように伸ばしていようにすれば、
まんべんなく付けていくことができますよ。
ここで注意することは、少量ずつ付け足ししたり、一度にたくさん付け過ぎると、ムラになりやすいですから気をつけましょうね。

それから、直接に陽射しを浴びやすい首の後ろも塗り忘れしないようにしましょう。
髪の生え際とか、耳、ひじやひざの裏なども忘れがちです。
ここも、忘れずに必ず塗るようにしましょうね。

あなたも、日焼け止め化粧品を賢くチョイスし、
紫外線をしっかりガードしておけば、アウトドアやレジャーは思いっきり楽しめますね。


赤ちゃんにも日焼け止め化粧品


日焼け止め化粧品は、スキンケアに欠かせないアイテムです。
でも、小さな子供に合う日焼け止めは、何を使えばいいかと、
迷っている、お母さんも多いかと思います。

赤ちゃんの場合ですと、生まれてから1歳未満までの赤ちゃんは、肌のバリア機能が、まだできあがっていないです。


もしアレルギーなどがなく、健康な肌の赤ちゃんでも、紫外線にさらされる場合は日焼け止めの化粧品を使かいましょう。
1歳未満の赤ちゃん用には、「赤ちゃん用の日焼け止め」もしくは、「大人の敏感肌用の日焼け止め化粧品」を使うといいです。
資生堂の「アネッサ」シリーズのベビー用UVケア
「ベビーケアサンスクリーン」ですと、SPF34、PA+++で、肌に負担をかける紫外線吸収剤が使われていません。
無香料、アルコールや防腐剤、鉱物油が使われていないので、赤ちゃんのお肌に安心です。

花王の乾燥性敏感肌向けブランド「キュレル」にもUVケアシリーズがあります。
「キュレルUVローションSPF50+」は、赤ちゃんのデリケートな肌にもOKです。

このキュレルUVローションは、植物由来の肌ダメージ防止成分で紫外線による乾燥、赤み、ほてりなどの肌ダメージを防ぎます。
顔や体にのばしやすい乳液タイプです
肌にさらっとなじんで、使い心地しっとりです、赤ちゃんの肌にもオススメです。

小さい子供がいる人は、大人と共用できるような日焼け止め化粧品が便利ですね。


日焼け止め pa++++


日焼け止め化粧品の数値とは
日焼け止め化粧品に必ず表示されている
例えば、「SPF50」という値と、「PA+++」の表示があります

これって何を表しているのって思う人もいることでしょう。
「SPF」というのは、「SUN PROTECTION FACTOR」の略です。
自分たちが浴びる2種類の紫外線のタイプが「UVA」と「UVB」で、そのうち「UVB」をどれだけ防げるかを表しています。
SPFは、日焼け、発ガンなどに直接関連する紫外線(UVB)から肌を守る強さです。

「PA」は「PROTECTION GRADE of UVA」の略。
PAは、皮膚のくすみ、しみに関連する紫外線(UVA)から肌を守る目安です
もっと簡単にいえば
「SPF」が、日焼けによって皮膚が赤くなるのを防ぐ
「PA」は皮膚が黒くなるのを防ぎます。
PAは4段階の表示です。

「+」は「効果がある」という意味。
「++」は「かなり効果がある」。
「+++」は「非常に効果がある」という意味になります
つまり「+」が多いほど効果があるということです。
「+」は日焼けを起こすまでの時間を2〜4倍に、「++」は4〜8倍に、「+++」は8倍以上に伸ばすことを意味しています。

つまり、PAとは紫外線(UVA)によって生じる一時的な黒化現象を抑える強さです。
紫外線「UVA」は皮膚の真皮層に作用し、タンパク質、特にコラーゲンに影響を与え、肌の老化を早めることになります。

日焼け止め化粧品を選ぶときは、PA値もチェックして、UVAをしっかりガードしましょうね
ちなみに、これまではPA値の最高は「+++」(スリープラス)が最高でした。

でも最近は「++++」のフォープラスという高い防御力の日焼け止め化粧品もあるようです。
オゾン層の破壊で、日差しの強さ(紫外線量)も年々増えているという、うわさもありますから
その場のシーンに合わせて、効果的に紫外線をガードしていきましょう
そのために日焼け止めの化粧品も賢く選んでいきましょうね。


日焼け止め スプレー


スプレータイプで便利な日焼け止め
紫外線が強い季節に欠かせないのが、日焼け止め化粧品です
毎日、出かける前に体中に塗るのは意外と大変ですよね。
そんな人に人気があるのがスプレータイプの日焼け止め。
たとえば、「RaioS」ライオス。

さらっとした使用感で、気軽に使えます。

SPF50、PA+++の紫外線ガード力があります
日差しを感じたらすぐにシュッと使えるのは便利ですよね。
髪の毛にも使えるのもポイントです。

髪の毛も日焼けのダメージを受けやすいです。
紫外線の作用でタンパク質が影響を受けてキューティクルが開いてしまいます。
強い陽射しを浴びた後、「髪がごわつく」のはこのせいだったんですよ。
それから、カラーリングをしている人は紫外線に特に注意です。
髪の色が変わってしまったり、大きなダメージを受けることもあります。
黒髪の人でも、紫外線で褐色化してしまうこともあります。

ライオスは髪の毛にも使えるから、シュっとするだけで、紫外線対策ができます。
髪につけてもベタベタしないし、白っぽくもなったりもしないので便利です。
顔のメイクの上からも使えるから、全身これ一本で紫外線対策OKです。
肌に負担をかけやすい紫外線吸収剤を、マイクロカプセル化で直接肌に触れません。
ですからお肌への刺激が軽減されますよ。

ラインナップはレモン・せっけん・ローズなどのさわやかな香りも楽しみながら使えますよ。


日焼け止め オーガニック


自然由来の成分を中心のオーガニックコスメ。
ナチュラル派には特に人気のあるオーガニックコスメです。
日焼け止めも、オーガニックコスメで選びたい人、多いでしょう。

ギリシャ発の「KORRES」(コレス)というコスメブランド
アテネ最古の薬局が原点のナチュラルなコスです。

「コレスサンスクリーン」はSPF50の高い紫外線ガード効果です。
使いやすいスプレータイプあるのが魅力。
天然ハーブとオーガニックエキスを使用して、天然由来成分を60%配合です。

NYからやってきた「ジョンマスター」というオーガニックコスメブランドも注目。

ジョンマスターの「ナチュラルサンスクリーンSPF30」は紫外線をしっかりカット
質感も使用感も、軽い乳液のようで快適。


日焼け止め 敏感肌


敏感肌のための日焼け止め化粧品

敏感肌の人は、日焼け止め化粧品を選ぶのに頭を悩ませる時期でしょう。
肌をガードするのが日焼け止めの特性です
通常のスキンケア以上に、慎重に日焼け止め化粧品を選ばないといけない、という敏感肌の人は多いでしょう。
敏感肌だと、陽に当たるとすぐに肌が赤くなったり、ほてったり、かゆくなってしまいますよね。
日焼け止めも肌に合わないと、かぶれてしまったり、ガサガサになったりと大変です。

花王のキュレルシリーズは、乾燥性の敏感肌向けブランドで、UVケアシリーズもあります。

外からのストレスから肌を守る働きのある「セラミド」が配合され、肌のスキをなくします。
肌に負担をかける紫外線吸収剤は不使用です。
無香料、無着色で、アルコールも無添加です。
特に「UVローションSPF50+」は、サラッとしていながら、密着感があり、うるおいも感じます。

資生堂の「サンメディックUVデイプロテクト」

紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルで、敏感肌の方や、赤ちゃんでも使えます。
肌のツッパリ感や、毛穴をふさがれたような息苦しいような感覚がなく、軽やかです。


ミネラル化粧品から選ぶ日焼け止め


最近、注目のミネラル化粧品。
ミネラルは「無機質」という意味です
簡単に言ってしまえば、成分に水分や油分を含まない天然の鉱物のことですね。

「ONLY MINERAL」(オンリーミネラル)
肌に良い鉱物だけを使い、つけたままで寝ても大丈夫がポイント。

注目なのが、「アクアリフトUVミネラルサンプロテクト」

こSPF50+
PAは++++という、最高水準の紫外線カット率なのです。
化粧下地として使用すれば、日焼けによるしみ・そばかすだけ意外にも
UVAによるお肌のトラブルも防止できます。
保湿成分のリビジュアとコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されています
紫外線をガードしながら、スキンケアもできるというものです。
パサパサ感・ゴワゴワ感もないのです。


UVAをしっかり防ぐ日焼け止め化粧品


根強い人気がある日焼け止め化粧品、「ALLIE」シリーズ。

「ADVAN」という最深層UVダメージバリア技術を採用したシリーズです。
波長が長く窓ガラスや雲をも通過してしまうUVAをカットする能力に注目です。

「エクストラUVジェル(ミネラルモイスト)」
口コミでも高い人気があります。

SPF50、PA++++の高いUVガード効果
それでいてみずみずしいジェルの感触が快適です。
ヒアルロン酸と、ミネラル成分、ローヤルーゼリーエキス、ハト麦エキスが配合で
うるおい力もバッチリです。
無香料、日焼け止め特有のケミカルな匂いがないのも魅力です。
メイク前の下地にしても、べとつかず、崩れにくいことが評判になってます。


強い紫外線もしっかりガードの日焼け止め


汗・水に強い日焼け止め化粧品。

カネボウ化粧品の「ALLIE」シリーズ
「エクストラUVプロテクター(パーフェクトアルファ)」

SPF50、PA++++の高い紫外線防止力
汗や水、皮脂に強いのにべたつかず、専用のクレンジングなしで落ちるのがとてもいいです
普段使いから、プール、海水浴、マリンレジャーの際にも使えます。
ミニサイズの25mlは、機内持ち込みOKです。

「ニベアサンプロテクトウォータージェル」

さらさらジェルでSPF50、PA+++の高機能。
化粧水感覚で使えるので、顔にもからだにも快適。
コストパフォーマンスが高いので、日ごろから、全身に惜しみなくたっぷり使えるのも魅力ですね。

登山やハイキングで高度の高い場所は、強い紫外線を浴びます。
顔はもちろんのこと、首の後ろや手の甲なども、しっかり紫外線をガードしましょうね。


アネッサでしっかり美肌と日焼け止め


資生堂の「アネッサ」シリーズは20年の歴史のあるUVケア化粧品ブランドです。

「パーフェクトエッセンス サンスクリーン」

うるおいを保ちつつ、UVをカット。
PA++++でしっかり紫外線をガード
「マルチUVアクションα技術」、独自成分「パーフェクトUVブロックα」があらゆる紫外線をガード
毎日、心地よく使える快適さです。

「フェースサンスクリーンBB」

これ一本で、下地やファンデーション代わりでも使え便利です。
うるおいを保ちつつ、気になる毛穴や肌色を整えて、艶のある美肌をキープします。
しっかり紫外線をガードしながら美肌も作れるので、使い勝手もいいですよ。
強いUVケア効果、専用クレンジングがいらないのも魅力なのです。

関連コンテンツ

肌 保湿

■肌 保湿 肌は年と共に潤い不足となって次第に衰えていきます 毎日、紫外線とか塵や埃といったものでも水分が失われ、そしてハリも失われていきます ですから、普段から保湿をして足らなくなった水分・・・

女性 育毛剤

■女性用育毛剤を選ぶポイント 近頃は若くても薄毛で悩んでいる女性は多いようです ドラッグストアでも女性用の育毛剤を見かけることも多いのではと思います 種類が多くなってくるとやっぱり迷いますよ・・・

白髪染め

白髪染め 日本で市販されている白髪染めは、大きく分けて3種類あります。 【ヘアカラー】 ヘアカラーはもっともポピュラーでしょう。 すぐに染まり、効果は大きいです。 ただし薬剤成分・・・

抜け毛

健康な人でも抜け毛はある 抜け毛の本数に頭を悩ませている方は多いようです でも健康な人でも毎日50本?70本程度は抜け毛があります。 毛髪の量には個人差もあります 人によっては日に・・・

大人ニキビ

大人 ニキビ 治し方 一度できてしまうと簡単には治らないのが大人のニキビ! 治ったかなと思っても、またできて、治らないと悩んでいる人は多いと思います。 大人ニキビは、思春期のニキビの原因・・・

酵素飲料 口コミ

酵素飲料の選び方 酵素飲料は、目的別に2種類あります 1つはダイエット目的で、もう1つは健康増進を目的にして作られたものです。 そのためそれぞれの目的に合った酵素飲料を飲まないとダメです。・・・

ほうれい線

ほうれい線 原因 顔の小鼻の両側から唇の両端へ向かって伸びている二本線 すなわち鼻を挟んで顔の真ん中をカタカナの「ハ」の字に走っているしわ これが「ほうれい線」と呼ばれます。 この・・・

体臭

体臭チェック 自分の体臭はどうかチェックしてみましょう。 ○自分で体臭をチェックする 自分自身で、自分の体臭を詳しく知ることは、基本的には不可能です。 でも自分に強い体臭があるのかどう・・・

むくみ改善

むくみ 原因 まず、むくみの確認をしてみましょう。 むくみが全身にでるようだと病気が原因のこともありますから注意が必要です。 体の水分は血管やリンパ管を通って処理されています。 「むくみ」・・・

乾燥肌

乾燥肌とは どのような状態になった時、乾燥肌と呼ばれるのでしょう このことを良く知ってこそ有効な対策をとることができる事です。 毎日のスキンケアでは自分の肌の状態に合わせて、きめ細かく行うこ・・・

ニキビを治す方法

ニキビができる時は、その出来るわけが絶対あります。 ですからこれをを理解しておくことが、予防するためには必要です ニキビはだれにでもある肌トラブルですよね 特に若い頃は、一度くらいは・・・