お役立ち。まちかど情報館のTOPに戻る


乾燥肌

乾燥肌とは


どのような状態になった時、乾燥肌と呼ばれるのでしょう
このことを良く知ってこそ有効な対策をとることができる事です。
毎日のスキンケアでは自分の肌の状態に合わせて、きめ細かく行うことが大切ですが、
更に、乾燥肌のことを知ることによって対策を考えることができます。
間違った対策では効果が出ないばかりか、逆効果のこともありますから注意ですよね。
乾燥肌というのは肌の水分が不足している状態ですけど、こうなる原因はどこにあるかということです。
肌は皮脂腺という穴から皮脂が分泌され、汗腺から汗が分泌されています。
これが混ざり合って、保湿クリームのような状態になっています。
でもこの保湿クリーム状態が何かの原因でなくなってしまうと乾燥肌になってしまいます。
このような肌に化粧水をつけても水分がすぐ蒸発して乾燥肌に戻ってしまいます。
この保湿クリーム状の物が皮脂膜と呼ばれ、肌を守ってくれていたのです。
ですから、乾燥肌の一番の原因は、皮脂膜を洗い流してしまうことなのです。
このことから、洗顔料で入念に洗顔することは、肌にとって一番いいとは言えないということになります。


◆乾燥肌の原因
石けんなどでの過ぎが原因になっていることが多いです。
皮膚の表面には角質層があって、皮膚を保護しています。
過剰な洗い方で角質層が剥がれると乾燥肌になってしまいます。
特に冬の場合は寒いので、血管が収縮して、新陳代謝も低下しています。
それによって皮脂の分泌が少なくなって、肌の表面がかさつくようになります。
冬場の皮膚がかさつくのはこのような原因もあります。



乾燥肌対策


◆乾燥肌の悩み
多くの人に共通している悩みでもあります。
乾燥肌は皮脂が不足している状態ですから、体全体に症状は現れることも少なくないでしょう。
ただ顔だけに限定ですと、洗顔のやり方を変えると改善することも多いようです。
顔の汚れを落とすことにこだわり過ぎて、必要な皮脂まで洗い流されてしまう事が問題なのです
食事はビタミンを考え、体内の新陳代謝を高めることとか、適度な運動やストレス発散で改善することもあります。
あまり症状が酷い場合は、あれこれ悩まずに皮膚科などで相談してみましょう。

◆乾燥肌とかゆみ
乾燥肌の悩みの中で「かゆみ」というのがあります。
このかゆみは、日常生活にも支障が出てくるほど酷いこともあるでしょう。
乾燥によって刺激に対して、敏感になっているため、かゆみを感じやすくなっているためです。
○かゆみの原因と対策について考えてみますと。
・何も対策をしなければ、普通はかゆみで爪で掻いてしまうでしょうからしだいに肌荒れへ進んでいきます。
・アトピー性皮膚炎は乾燥肌とは直接関係はありません。
・冬期は空気が乾燥していること、体の新陳代謝が低下によって皮脂の分泌が少なくなっていることが原因です
・乾燥肌は遺伝的なものではなく、仕事場なども含めた生活環境による後天的なことと考えられます。
・かゆみが乾燥肌が原因とわかっている場合には、かゆみを止めをすることではなく乾燥肌を改善する事が大事です。
・クリームや保湿剤を塗ることが有効で、朝晩だけでなくて日中も時々塗ることが望ましいです。

◆乾燥肌 ファンデ
保湿効果を考えるのは大事ですよね、
乾燥肌に適したファンデーションもチェックしてみました。

・薬用クリアエステヴェール
メイクとスキンケアにも美白を求めている人のためのファンデーションともいえます。
コラーゲン入りの化粧水がセットになっています
メイク中の保湿効果は十分ですよ
↓↓
薬用クリアエステヴェール

・シルキーモイストファンデーション
化粧効果を高めるだけではなく、スキンケア効果もあって、無添加です

↓↓
シルキーモイストファンデーション

ファンデーションは、自分にあったタイプを選ぶ必要がありますが「保湿効果」に注目しておきましょう。

◆乾燥肌 顔
顔の乾燥肌が気になる多くの人は保湿対策を重点的しているかと思います。
でも顔の場合は保湿だけでは十分でないこともあります。
・保湿するだけでは肌の奥の潤いを取り戻すことはできなくて、すぐにカサカサになってしまう人も多いです。
・肌年齢が実年齢よりも老化している人も多い
・老化によって、細部に保水力がなくなり細胞が水分不足になると、毛穴が広がって水分の乾燥も促進されるという悪循環になってしまいます。
・毛穴を引き締めことは、乾燥肌対策になります。

<<28日間毛穴引き締めレッスン>>

◆乾燥肌 湿疹

こいうのがあります



乾燥肌 食べ物


乾燥肌は食事で治るのかということがあります。
普通、肌は新陳代謝によって、古い角質がはがれおち、新しい角質が常に供給されているので、
若々しい状態を保っています。
ところが乾燥肌は新しい角質ができにくくなっている状態にあります。
ですから乾燥肌の対策としては、
・新陳代謝を高める
・新陳代謝を高くするのは、ビタミン類の栄養素です
・食事でビタミンを豊富に摂取すれば、新陳代謝が高くなる
↓↓
結論として、食事によって乾燥肌を改善することができる
食事によって栄養素を補給する効果は高いです
有効な栄養素はビタミンC、ベータカロチン、ビタミンB2、ビタミンEなどです
その他、海藻類には保湿効果を高める成分があるといわれます。
サプリメントを服用する方法も有効ですよね
↓↓
ビタミン サプリメント


乾燥肌 子供 赤ちゃん



◆子供
子供は新陳代謝が高いので、常に新しい細胞が作られています。
ですから、乾燥肌になってもすぐにハリのある肌に戻ってきます。
しかし、別の理由で母親が注意してやる必要があります。
それは、乾燥によって発生するかゆみが問題で、すぐに爪で掻いてしまう子供が多いのです。
それで、皮膚が裂けたり、跡が残ってしまったりします。
子供の場合に注意しなければならないのは、アトピー性皮膚炎です。
乾燥肌と同じようにかゆみを伴います。
しかし、アトピー性皮膚炎は、皮膚科で薬を処方してもらう必要があります。
普通は、乾燥肌でも子供自身が気にしていないようなら、特別なことはいらないでしょう。

◆赤ちゃん
赤ちゃんの乾燥肌での悩みの相談も多いようです

○悩みの内容
・肌が全体的にカサカサしている
・首の回りや足首部分だけがカサカサしている
・湿疹ができている

○赤ちゃんの肌について知っておきたいこと
・赤ちゃんの肌と大人の肌は違うので、乾燥肌も同じではないということ
・肌の特徴は皮脂が少ないこと、つまり皮脂の分泌がほとんどないので、乾燥肌になりやすい
・皮脂の分泌が少ないのはホルモンの働きなので、赤ちゃんの乾燥肌は当たり前くらいに思っていいでしょう。
・アトピー性皮膚炎の可能性もあります

○かゆみなどを抑えるための対策は
・赤ちゃんの肌は大人の肌よりも厚みがないので外界の刺激に弱い
・肌の水分を失いやすいということを知っておくこと
赤ちゃんの体を洗う時には、ごしごしこするのはダメ、優しくしてやることが大切です。

○基本的には小児科で見てもらうようにしましょう、自己判断で対策をするのは止めましょうね。


関連コンテンツ

肌 保湿

■肌 保湿 肌は年と共に潤い不足となって次第に衰えていきます 毎日、紫外線とか塵や埃といったものでも水分が失われ、そしてハリも失われていきます ですから、普段から保湿をして足らなくなった水分・・・

女性 育毛剤

■女性用育毛剤を選ぶポイント 近頃は若くても薄毛で悩んでいる女性は多いようです ドラッグストアでも女性用の育毛剤を見かけることも多いのではと思います 種類が多くなってくるとやっぱり迷いますよ・・・

白髪染め

白髪染め 日本で市販されている白髪染めは、大きく分けて3種類あります。 【ヘアカラー】 ヘアカラーはもっともポピュラーでしょう。 すぐに染まり、効果は大きいです。 ただし薬剤成分・・・

日焼け止め

日焼け止め化粧品の賢い選び方 空が夏っぽくなってくると、やはり気になるのが日差しでしょう そうです そろそろ日焼け止めを買っておかないと。。。っていうことです ところで、その日焼け止めっ・・・

抜け毛

健康な人でも抜け毛はある 抜け毛の本数に頭を悩ませている方は多いようです でも健康な人でも毎日50本?70本程度は抜け毛があります。 毛髪の量には個人差もあります 人によっては日に・・・

大人ニキビ

大人 ニキビ 治し方 一度できてしまうと簡単には治らないのが大人のニキビ! 治ったかなと思っても、またできて、治らないと悩んでいる人は多いと思います。 大人ニキビは、思春期のニキビの原因・・・

酵素飲料 口コミ

酵素飲料の選び方 酵素飲料は、目的別に2種類あります 1つはダイエット目的で、もう1つは健康増進を目的にして作られたものです。 そのためそれぞれの目的に合った酵素飲料を飲まないとダメです。・・・

ほうれい線

ほうれい線 原因 顔の小鼻の両側から唇の両端へ向かって伸びている二本線 すなわち鼻を挟んで顔の真ん中をカタカナの「ハ」の字に走っているしわ これが「ほうれい線」と呼ばれます。 この・・・

体臭

体臭チェック 自分の体臭はどうかチェックしてみましょう。 ○自分で体臭をチェックする 自分自身で、自分の体臭を詳しく知ることは、基本的には不可能です。 でも自分に強い体臭があるのかどう・・・

むくみ改善

むくみ 原因 まず、むくみの確認をしてみましょう。 むくみが全身にでるようだと病気が原因のこともありますから注意が必要です。 体の水分は血管やリンパ管を通って処理されています。 「むくみ」・・・

ニキビを治す方法

ニキビができる時は、その出来るわけが絶対あります。 ですからこれをを理解しておくことが、予防するためには必要です ニキビはだれにでもある肌トラブルですよね 特に若い頃は、一度くらいは・・・